« 冬のふきのとう (Petasites japonicus) | トップページ | 御牧ヶ原の冬をあるく »

2009年12月10日 (木)

国際宇宙ステーション(ISS)

091210ae_517img_5766_2

【国際宇宙ステーション (International Space Station)】

 北斗七星のきらめき、神話の星々 ―― 払暁の宇宙空間を北北西から北東へ
静かに移動する宇宙ステーションの光り。
  巷にあふれる豪華なといわれるイルミネーションも、この光景には到底及ばない
でしょう。 こどもたちに見せてあげたい宇宙スペクタクルです。 

 北斗七星の近くを北東(右下方向)へ向かう宇宙ステーション。 その先を、北から
南(上方向)へ向かう人工衛星のひそやかな光り (写っています) がありました。

国際宇宙ステーション撮影データ
    撮影場所 : 長野県小諸市 自宅
    撮影日時 : 2009年12月10日   朝 5時17分頃
   露出時間 : 10.0 Sec.  
     ISO感度 :  ISO800
  焦点距離 : ∞ 
  F値    : Auto
                (10 December 2009  長野県小諸市 自宅庭にて)

●国際宇宙ステーション(ISS)を見るには JAXA 日本宇宙航空研究開発機構 H.P.

●関連記事 : こちらもご覧くださいある科学者(糸川英夫先生)

|

« 冬のふきのとう (Petasites japonicus) | トップページ | 御牧ヶ原の冬をあるく »

コメント

こんばんは♪
北斗七星宇宙ステーション人工衛星
ぜ~んぶはっきりと見えます
こんなに貴重なタイミングの写真を見せて頂けて
感激です
素敵な写真をいつもありがとうございます。
明日は冷え込むそうです、お身体ご自愛下さいね

投稿: ヨピ | 2009年12月13日 (日) 23:05

ヨピ様
いつもご覧いただきありがとうございます
北斗七星と人工衛星は偶然でした。 冴えわたる冬空に、星々がそれはそれは見事です
宇宙ステーションは、関東や信州ではここしばらくはよく見えるタイミングがないようですが、JAXAやNASAの目視最適情報が分かりましたら、ヨピさんのブログにコメントします。 ソナとミーシャとご主人と一緒に仲良くならんで、 夜空を見上げて見てください

投稿: 蒼山庵 | 2009年12月14日 (月) 08:33

こんばんは
寒い冬の楽しみの一つが冴えわたる星空です
蒼山庵さんは、どこから情報を得られるのかしら?と思っていました。
目視最適情報のお知らせをして下さるとは、本当に嬉しいです
気長に待っています
ご親切にありがとうございます

投稿: ヨピ | 2009年12月14日 (月) 19:06

ヨピ様
どういたしまして
それでは、楽しみにお待ちください。
とご主人様へ、よろしくお伝えください

投稿: 蒼山庵 | 2009年12月14日 (月) 21:11

おはようございます。

先ほど、しっかりと国際宇宙ステーションを見てきました。
お教え頂いた通りに、北斗七星の柄の辺りから
16分丁度に、いきなり見えてきました。
北斗七星の輝きよりも、もっと明るく煌めきながら
ゆっくりと北北東から東南東へと
2分以上かけてゆっくりと移動して行きました。
残念ながら夫もミーシャとソナも起きてこず
一人で見上げていました。
凄い感動でしたありがとうございました


投稿: ヨピ | 2009年12月27日 (日) 05:37

ヨピ様
おはようございます。

 澄んだ星空に、こちらでもたいへんよく見えました。 
 しっかり観測していただけてよかったです
 JAXAのHPをチェックして、次回はご主人とミーシャとソナを
” みんな叩き起こして ” 見ましょう 

投稿: 蒼山庵 | 2009年12月27日 (日) 06:49

蒼山庵様

ありがとうございます
次回は1月4日の午後6時ごろだそうですが
回りの灯りで見づらいかもしれませんね。

私が「見えた!」と感動して話したら
「見たかったなあ~」ですって^^;
厳しく叩き起こして!是非見せてやりたいと思います

投稿: ヨピ | 2009年12月27日 (日) 10:01

ヨピ様
宇宙ステーションは、毎月、今回のようによく見えるタイミングがあります。 ご主人とワンワたちには 最良のタイミングでどうぞ。
その他、人工衛星の観測情報について、ヨピさんのブログへコメントをしましたのでどうぞ。 それではこれにて 

投稿: 蒼山庵 | 2009年12月27日 (日) 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬のふきのとう (Petasites japonicus) | トップページ | 御牧ヶ原の冬をあるく »