« 御牧ヶ原の秋 | トップページ | すすき・Miscanthus sinensis »

2009年10月10日 (土)

小谷村にて

E_img_4509

【小谷村(おたりむら)にて】

 小さな校舎が残っていて、「ここに学ぶ  中土小学校真木分校」 と記した記念碑がたっている。 日本有数の豪雪地・長野県小谷村、真木の集落。
 山を背にした家々はひっそりとして、中に、石油ランプを灯す一軒の蕎麦屋があった。
 「日本海が見える分校のことを写真集でみたことがあるんですが …… 」
 「それは戸土の分校のことだが、皆、山を下りてしまった。 ずうっと昔のことだ」
 そんな会話の中で、小谷村の生まれという建築屋は、遠い記憶をたどるように昔語りを始めた。

 (10 October 2009  長野県北安曇郡 小谷村にて)

|

« 御牧ヶ原の秋 | トップページ | すすき・Miscanthus sinensis »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御牧ヶ原の秋 | トップページ | すすき・Miscanthus sinensis »