« 赤い自転車 | トップページ | 夏・夕刻の水面 »

2009年8月13日 (木)

不時着

09813e_img_3059

【 不時着 】

 深夜、小学生のM くんが目を覚ましますと、BSパラボラアンテナが不思議な音声を捉えていました。
   メーデー  メーデー ……    大マゼラン銀河基地応答願……
   ○※▽◇ 遭難△▽不時着○※▽ 太陽系第3惑星…… 
   北緯36度18分28秒 東経138度27分1秒…… 救出
   ○※▽ ◇ 救出 ※◇○▽ …… 救出  

     コチラハ…… マゼラン○○母船7531…… ラジャー

 「それは、夜空に光るヤマネコ座の前足の辺りから、淡い光りを放ちながら地表近くまで降りて来ました。 そして星の形をした光りをバァ~っとまき散らすと、枝豆畑に着地したのです。 それから、コテッと倒れたのです」 ――   M くんはそう話しています。
 村人たちは、不思議な球体を遠まきにして、なにがなんだかまるで解らないと云った風で顔を見合わせるばかりでした。 球体が、かすかに身震いするように動いたのですが、誰も気がつきませんでした。

 (太陽系第3惑星  北緯36度18分28秒 東経138度27分1秒 地点にて)

|

« 赤い自転車 | トップページ | 夏・夕刻の水面 »

コメント

これはすぐにでも NASA へ報告しなけば。

投稿: 凛 | 2009年8月14日 (金) 14:08

凛さま
マゼラン銀河から来たと思われる宇宙船&宇宙人はその後どうなったのでしょう。
「皆さんそれぞれに続きを考えてみてください 」 と、Mくんは言っておりました。

投稿: 蒼山庵 | 2009年8月14日 (金) 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤い自転車 | トップページ | 夏・夕刻の水面 »