« 馬鈴薯の丘 | トップページ | いけばな »

2009年6月23日 (火)

麦秋の道

09622e_img_2196_2

【麦秋の道】

  日輪は北回帰線、麦秋、薄暮の道をいく。

                  (22 June 2009  長野県小諸市 御牧ヶ原台地にて)

この道
こんなふうに歩くって
こんな景色ながめるって
誰もしらない神様だって
歩いてけば広くなってく空の色
変わってくからどきどき
待ってるの何?
わかんないから歩いてける
   (23 June 2009  詩 ルカ)

|

« 馬鈴薯の丘 | トップページ | いけばな »

コメント

こんばんは♪

愈々、昼間が僅かずつ、短くなりますね。
個人的には明るい時間が長いと、助かりますが・・・。
先週、帰宅する際も日が長かったお陰で、
明るい時間に帰宅できましたから。

麦秋の装い、美しい黄金色ですよね、
あれだけ広い面積が麦秋に染まっている
光景は初めて見ることが出来ました。
道の先まで続いている麦秋の丘、素敵です。

投稿: キョロ坊 | 2009年6月23日 (火) 22:33

この道
こんなふうに歩くって
こんな景色ながめるって
誰もしらない神様だって
歩いてけば広くなってく空の色
変わってくからどきどき
待ってるの何?
わかんないから歩いてける

投稿: ルカ | 2009年6月23日 (火) 23:00

キョロ坊様
御牧ヶ原では、丘の稜線がそのまま空に…… と云った光景によく出遇います。
遙か北アルプスまで続く空 …… 広大な空のひろがりが魅力の御牧ヶ原ですshine

投稿: 蒼山庵 | 2009年6月23日 (火) 23:53

ルカ様
この道はどこへつづいているのでしょう。
shine 不思議の高原台地、御牧ヶ原です。

投稿: 蒼山庵 | 2009年6月24日 (水) 00:06

蒼山庵さま。

ご無沙汰しています。
6/27、読書の森にうかがいました。
ひょっとしてお目にかかれるかな、と楽しみにしていたのですが、当方帰路の関係もあって、残念でした。
蒼山庵さんのDVDも見せていただきました。
いいなぁ、御牧原の四季。

ではでは   夢寅 拝

トラックバックの代わりに、コメントまで。

投稿: 夢寅 | 2009年6月29日 (月) 01:15

夢寅様
shine『お散歩趣味』 ロクちゃんの暮らしぶり? や上州情報をいつも楽しく拝見しており
ます。 
この次に来られる時は、コメントをいれておいていただくとうれしいです。 ノンの案内で 「農大ノ森」 の方を一緒に1時間ほど歩いてみましょう。

投稿: 蒼山庵 | 2009年6月29日 (月) 06:14

拝復 resありがとうございます。

>この次に来られる時は、コメントをいれておいていただくとうれしいです。 ノンの案内で 「農大ノ森」 の方を一緒に1時間ほど歩いてみましょう。

いいですね~~!
またの機会、楽しみにしています。

     夢寅 拝

投稿: 夢寅 | 2009年6月29日 (月) 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬鈴薯の丘 | トップページ | いけばな »