« 発電所のある風景 (小諸) | トップページ | ネギ (Allium fistulosum) »

2009年3月14日 (土)

ピーターラビットの窓

09314e_img_0471

【ピーターラビットの窓】

 ゆめは まだ其処に そっとおいてあります

                (14 March 2009  長野県小諸市 御牧ヶ原・読書の森)

|

« 発電所のある風景 (小諸) | トップページ | ネギ (Allium fistulosum) »

コメント

いつも楽しく拝見しています。淡い青の早春
らしい空、芽吹く前の木立、旅立ちの季節ですね。そっとおかれているのは、どんなゆめなのでしょうか?

投稿: なごり雪 | 2009年3月15日 (日) 08:16

なごり雪様
 ご覧いただきましてありがとうございます。 ここ「読書の森」には、関東や関西など随分遠くからも多くの方が見えられます。
 浅間山を望み、御牧ヶ原の四季が広がるこの窓にはみなさんの夢や想いがいっぱいあるようです。

投稿: 蒼山庵 | 2009年3月15日 (日) 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 発電所のある風景 (小諸) | トップページ | ネギ (Allium fistulosum) »