« 三河湾の春 | トップページ | 二月のすすき (Miscanthus sinensis) »

2009年2月14日 (土)

運河のある風景・半田市

090211f_img_0103_2

【運河のある風景・半田市】
 高い防潮堤を持った運河が深々と水を湛えて町の奥へ続いていた。 両岸には
黒板壁の大小の酒倉、酢倉が建ち並んでいる。    又六は、お杉のいる蔵元の方
を見やった―― 。
 酒蔵人の悲恋を描いた小栗風葉(1875~1926)の小説 『 亀甲鶴 』。  あらすじ
を聞いて、そんな情景を想いうかべたのでした。

         (フォトスケッチ : 11 February 2009  愛知県半田市 半田運河にて)

|

« 三河湾の春 | トップページ | 二月のすすき (Miscanthus sinensis) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三河湾の春 | トップページ | 二月のすすき (Miscanthus sinensis) »