« ちいさな駅 | トップページ | 日輪昇る »

2009年2月10日 (火)

真空溶媒

090210_img_0071

【真空溶媒】

 すなはち雲がだんだんあをい虚空に融けて
 たうたういまは
 ころころまるめられたパラフヰン製の団子になって
 ぽっかりぽっかりしづかにうかぶ
                      宮沢賢治 『春と修羅』 真空溶媒より

                       (Drawing : February 2009  長野県小諸市)

|

« ちいさな駅 | トップページ | 日輪昇る »

コメント

蒼山庵さん。mist

先日の小さい水玉もおもしろく
賢治さんの世界がぴったりで
何度も拝見しておりましたが・・・

この大きさで見ると
それぞれが顔のようで
なにやら楽しいおしゃべり声が
聞こえてきそうです。
耳をすませてみます。confident

投稿: ルカ | 2009年2月14日 (土) 22:58

ルカ様
パラフィン製の団子はいよいよ大きくふくらんで、まるでちいさな子どもたちの
世界のようでありますが、 さてさて shine詩人・ルカさんの耳にはどんな声が
届いているのでせう confident

投稿: 蒼山庵 | 2009年2月15日 (日) 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちいさな駅 | トップページ | 日輪昇る »