« 八ヶ岳の麓で | トップページ | 北アルプスの見える村 »

2009年1月28日 (水)

小諸の四季

0901xe_img_9781

【小諸の四季】
 島崎藤村は風光の観察記録の中で、小諸の四季を次のように記しています。
 おそらくは、東京の尺度で解りやすく説明すればということでしょう。

 小諸の四季は四月・五月を春とし、六月・七月・八月を夏とし、九月・十月を秋と
し、十一月より翌年三月までを冬とすべし。
 冬季は五ヶ月の長きに渡るなり。 春は都より遅きこと一月にして、梅花漸く四月
に開き、秋は都より早きこと一月にして、霜葉既に十月に紅なり。 十月の二十三
日には初霜野辺に至り、十一月の七日には初雪浅間にかゝりぬ。

               参考文献 : 小諸市・竹沢書店発行 林 勇  著  『 浅間山と千曲川と小諸 』 

 一月末、徐々に明るさを増す日射しに春待つ心が段々強くなっていきます。 いち
早く感じる春への気配や、秋から冬への季節の移ろいなど、この地なりの季節感と
云ったものがありますから、小諸の冬はやはり十二月・一月・二月ということになり
そうです。このブログではもっと短いかもしれません。

                  (22 January 2009  長野県小諸市  古城址・三ノ門)

|

« 八ヶ岳の麓で | トップページ | 北アルプスの見える村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八ヶ岳の麓で | トップページ | 北アルプスの見える村 »