« ムクゲ (Hibiscus syriacus) | トップページ | 狼森暮色 »

2008年9月26日 (金)

バス停留所

08915e_img_7523

【 バス停留所 】

 「 そこは村の中心地です 」 …… と言っても、広い森の中の丁字路に銀色のノッポの火の見櫓 が背伸びをしていて、その周りに小さな公民館と四、五軒の民家と、そしてバス停があるだけなのですが――
 でもね、日に何回か、花の名のついた小さなバスが身をゆらしながらやって来るという、そのバス停ときたら、まるで ”メールヘン行停留所 ” と云った風なのです。

 (15 September 2008  長野県小諸市 御牧ヶ原にて)

|

« ムクゲ (Hibiscus syriacus) | トップページ | 狼森暮色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ムクゲ (Hibiscus syriacus) | トップページ | 狼森暮色 »