« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

燭 台

08429img_5267

                            「  ・  ・   ・  」

                                (27 April 2008  Sozan-an)

| | コメント (2)

2008年4月29日 (火)

校 庭

08428img_5304_ae

【校 庭】
  その先の峠を越えれば上州である。 山間の急傾斜地に広がる集落を上がって
いくと、小学校の分校跡地という小さな広場にでた。 30mほどのその僅かな平地
は、かつて子供たちを広い校庭で学ばせたいと願った集落の人たちが傾斜地を削
り、苦労して開くことのできた精一杯の広さであるに違いなかった。
 閉校になって半世紀に近く、広場からは春の陽を浴びて集落の屋根のひとつひと
つがよく見えた。 遠くで鶯が鳴いていた。

   (平成20年4月28日 長野県佐久市香坂 三井小学校香坂分校跡地にて)

| | コメント (2)

2008年4月28日 (月)

チゴイネルワイゼン

08427_img_5259_e

【チゴイネルワイゼン】
 ずっとむかし、欧州旅行の記念にと いただいたバイオリン。 全長160mmの
飾りもののバイオリンですが、その精巧な作りは見事というほかありません。
 験しに弓をとってみますと、それはやや哀しげにかすかに音をたてるばかりであ
りましたが、そのはるか遠くで聞こえるジプシーの旋律に気がつくまでには、そう時
間はかかりませんでした。
                   (平成20年4月28日 長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

御牧ヶ原

08427g_img_5273_2

【御牧ヶ原】
 郷土出版社発行 井出孫六著 『 新・千曲川のスケッチ 』 
  「御牧ヶ原の四郎大池」 の章より
 
池の畔にあったはずの叔父の自ら建てた家は跡形もなくなっている。 堰堤から
は、真正面に噴煙をあげる浅間山の全容が千曲川の峡谷をへだてて目に入る。
浅間の容姿は御牧ヶ原からを随一とするとぼくは思った。 
 ―― 叔父四郎が五十八歳というさして長くない全生涯をこの台地の溜池掘り
に捧げたロマンの一端を、ぼくはこの雄大な風光のなかに発見して、しばし時のす
ぎるのを忘れて堰堤に立ち尽した。

 ●関連記事 : こちらもご覧ください開 拓 (御牧ヶ原)

 (フォトスケッチ:平成20年4月27日 長野県小諸市 御牧ヶ原・茶房「読書の森」)

空は知ってる
何をがむしゃらにやっていたか
水はわかってる
誰がここに導いてくれたか
土は覚えてる
自分が何を支えてきたか
山は
山はじっと見ている
どう始まりどう続きどう終わるか

(27 April 2008  ルカ)

| | コメント (1)

2008年4月26日 (土)

花 片

08426img_5234_f_2

【花 片】
 低気圧が日本海を東へ進んで、風雨をともなう荒れた天気となった。
 吹き散る花片が闇い水面をうめて、螺鈿のような光沢をはなっていた。

                   (平成20年4月26日 長野県小諸市 大杭にて)

| | コメント (2)

2008年4月25日 (金)

山 路

0751img_0471jpg_e

                    紅もまた 静まりかへる 鄙(ひな)の家

               (1 May '07  長野県上田市・旧武石村にて)

● 自由律句など、「蒼山庵 ときどきフォト俳句」 こちらからどうぞ。
 http://sozanan.cocolog-nifty.com/mount_/2007/04/post-677f.html
 ・右欄のダイジェスト 「ときどきフォト俳句」 からも入れます。
   

| | コメント (0)

2008年4月24日 (木)

旧中込学校

07423img_0267_e_2

【旧中込学校】

 瀟洒な洋風校舎をつつむように咲く桜花。 家内の母校、佐久市立中込小学校
・旧中込学校です。  詳細はこちら → ステンドグラス(旧中込学校)

                            (23 April '07  長野県佐久市 中込)

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

笙の音

08422img_5227_e

                    笙の音を聴く

                       (平成20年4月22日 長野県小諸市にて)

| | コメント (2)

2008年4月22日 (火)

08419img_5157_e

【 雲 】

 その日、アルプスの西方で生まれた雲は、白い隊列を組んで、狼森の空を関東
平野の方角へ移動していったのでした。

                  (19 April 2008 長野県小諸市 御牧ヶ原 狼森にて)

| | コメント (2)

2008年4月21日 (月)

08419img_5159_e

                     烏

                     (平成20年4月19日 長野県小諸市 御牧ヶ原 狼森)

| | コメント (2)

2008年4月20日 (日)

小海線の春

08420img_5193_f

【小海線の春】
 幼児を連れた家内を待って、こどもを抱き上げ 乗せてくれたという、車掌さん。
そんな思い出がうれしいJR小海線です。 沿線は桜の春をむかえていました。

              (平成20年4月20日 長野県小諸市 JR小海線・三岡駅)

| | コメント (2)

2008年4月19日 (土)

御牧ヶ原 高燥台地

08419img_5180__edited1

【御牧ヶ原 高燥台地】

 春の日 …   御牧ヶ原 高燥台地を 怒涛のごとく雲がながれた

                   (平成20年4月19日 長野県東御市 御牧ヶ原にて)

| | コメント (4)

2008年4月18日 (金)

旧い通りにて

08413img_5084_e

【旧い通りにて】

 旧い通りに 壁の美しい家があって
   Kohzu English School と書かれた看板がでていた

                (13 April 2008  長野県東御市 北国街道・海野宿にて)

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

チューリップ (Tulipa gesneriana)

Img_5103_e

【チューリップ (Tulipa gesneriana)】

 19世紀のデュマの小説 『 黒いチューリップ 』 …  黒い花に懸けられた巨額の懸賞金、 渦まく陰謀、 戦争と恋。 宝塚歌劇にもなったというスペクタクルである。
 バイオ技術が急速に進み、めずらしい品種の花々が次々に開発されていると云われているが、コルネリウスが追い求めた、神秘の色・黒いチューリップは、いまだできないという。
 窓下のチューリップが今年も咲き始めた。 こちらは昔ながらの見慣れた品種である。

 (13 April 2008 長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (2)

2008年4月16日 (水)

牧場小屋で

084_img_5118_e

【牧場小屋で】

 この、外国映画で見たことのあるような農機具は、いったい何という名前なので
 しょう。
                                       (April 2008)

ツマサキダチダヨ
ソオットソオット
オコサナイヨウニネ
イマノウチニサ
スッカリカタヅケルンダ
ダッテアノヒトノ
ビックリエガオガダイスキナンダ

(17 April 2008  ルカ)

| | コメント (3)

2008年4月15日 (火)

北国街道・海野宿

08413img_5068_e_2

【北国街道・海野宿】

 街も 人も まるで時の流れに溶け込んでいくかのようでありました。

                  (平成20年4月13日 長野県東御市 海野宿にて)

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

ウオーキングの途中で

08412img_5023_e_2

【ウオーキングの途中で】

 小麦の丘の クロの家の紅梅が 今年もみごとな花をつけている
 御牧ヶ原の春  麓の街からは桜のたより

           (平成20年4月12日 長野県小諸市 御牧ヶ原・農大への道で)

| | コメント (7)

2008年4月13日 (日)

れんぎょう (Forsythia suspensa)

08413img_5071_e

【れんぎょう (Forsythia suspensa)】

 街道は、桜にはまだはやく、れんぎょうの花の盛りだった。

           (平成20年4月13日 長野県東御市 北国街道・海野宿にて)

| | コメント (4)

2008年4月12日 (土)

四季の断想(四月)

0712sr_img_3735_3

    教会のある風景・センテンドレ        画像クリック 拡大

  (フォトスケッチ : December 2007  ハンガリー センテンドレにて)

 ●こちらもご覧ください → 教会のある風景(Budapest)

| | コメント (2)

2008年4月11日 (金)

わさび (Wasabia japonica)

0846img_4944_e

【わさび (Wasabia japonica)】

 ラテン語で Wasabia japonica  というとおり、日本原産のわさび。
 わさび田に 白い小さな花咲けば、安曇野は春。

                       (6 April 2008  長野県安曇野市 穂高にて)

| | コメント (4)

2008年4月10日 (木)

禁葷酒

0849img_4996_e

【禁葷酒】

 そこは禅宗の寺院らしく 山門の前に 禁葷酒 の銘があって
 青苔の石径が奥の方へとつづいていた

                     (平成二十年四月  長野県佐久市 禅寺にて)

一歩ずつでよい
無我の一歩ずつは
苔と土と石を結び
一滴の音を響かせる
先人の一歩と
わたくしの一歩が
重なるとき

(10 April 2008  ルカ)

| | コメント (1)

2008年4月 9日 (水)

続 安曇野の春・万水川

0846img_4937_f

【続 安曇野の春・万水川(よろずいがわ)】

 アルプス山麓の豊かな湧水をあつめる万水川 川面に満つ 早春の光り

                    (平成20年4月6日 長野県安曇野市 穂高にて)

水鏡には想いまで映し出され
見つめるのがこわい

水は一瞬に
次へ次へと姿を変え
わたしはいつまで
この想いを抱えたまま 

       (9 April 2008  ルカ)

| | コメント (1)

2008年4月 8日 (火)

安曇野の春・常念岳

0846img_4943_g_2

【安曇野の春・常念岳】

 水色の大気 ワサビ農場の梢越しに常念岳がみえていた

                    (平成20年4月6日 長野県安曇野市 穂高にて)

| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

はるがきた

0845img_4922_e

【はるがきた】

  はるがきて おかのあまくさ めをだした
       とおくのやまは まだゆきだが
     ろばのジグは うれしくなった 春がきた

             (平成20年4月5日 長野県小諸市 御牧ヶ原・読書の森で)

●関連記事 : こちらもご覧くださいロバのいる風景・草原

| | コメント (2)

2008年4月 6日 (日)

生島足島神社

0846img_4968_e

【生島足島(いくしまたるしま)神社】

 信濃国・塩田平。  延喜式にも記されているという由緒ある神社、生島足島神社。 ご神体はこの国の大地そのものといわれ、人と大地に生命力を与え、人々の願いに満足をもたらすという。 境内の様式は 池心宮園地 と呼ばれる最も古いといわれる様式の一つで、大きな神池があって、池の中島に朱色あざやかに本殿が建てられている。 (参考文献 : 内式大社 生島足島神社ホームページ)

 春の日、境内には家族の幸せと健康、学業の成就、恋の成就などを願う、たくさんの人の姿がありました。

 (平成20年4月6日 長野県上田市 塩田平にて)

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

ふきのとう (Petasites japonicus)

0845img_4911_e

Img_4919

    【ふきのとう (Petasites japonicus)】

  標高800mの御牧ヶ原台地にも春がきました。
 浅間嶺がきれいに見える休日、読書の森の犬の
ノン と 家内と ” ふきんとう ” を採りに農大の丘
へでかけ ました。
 ふき味噌と 天ぷらと …  春の宵、 美味いお酒
が呑めそうです。
  (平成20年4月5日 長野県小諸市 御牧ヶ原)

| | コメント (2)

2008年4月 4日 (金)

浅間山麓の春

084p1015646_e

【浅間山麓の春】                           おおいぬのふぐり(Veronica persica)

 おおいぬのふぐりの土手 山裾は春

                         (April 2008  長野県小諸市 南ヶ原にて)

| | コメント (2)

2008年4月 3日 (木)

古いカメラ

Img_4851_f

【古いカメラ】

 引出しの奥から出てきた昭和41年(1966)製のカメラ。 当時の夢や憬れといっ
たものを写し続けたカメラです。   大半は山岳写真でありましたけれど … 。

 OLYMPUS-PEN FV : オリンパス光学製、ハーフサイズ・一眼レフカメラ。稀少
                 なカメラと云われています。
                                     (平成20年4月3日)

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

クロッカス (Crocus vemus)

0842_img_4857_e

【クロッカス (Crocus vemus)】

 「春の日の喜び」 原産地は地中海地方という。

                   (平成20年4月2日 長野県小諸市 自宅庭にて)

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

からまつの道

08326img_4817_e

           早春のからまつの道を行く

                     (26 Mar. 2008  長野県佐久市 長野牧場にて)

道標はない
選択に間違いはなかったか
間違いはなかったか
もはや動き出し
もはや後戻りはできず
ただ前を向いて行く
灯された一点を見つめて

(2 April 2008  ルカ)

| | コメント (3)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »