« 一冊の本 | トップページ | 三月の牧場 »

2008年3月26日 (水)

浅春夕景

08325_img_4809_e

【浅春夕景】

 光りはスリ硝子を透したとでも云ったふうに 淡い色合を見せていたのでした

               (平成20年3月25日 長野県小諸市 御牧ヶ原 狼森にて)

|

« 一冊の本 | トップページ | 三月の牧場 »

コメント

おはようございます。
淡い色合いがきれい~
(私、いつも同じようなコメントばかりです

「一冊の本」のルカさんの詩が又素敵ですね。

投稿: ヨピ | 2008年3月27日 (木) 07:55

ヨピ様
おはようございます。
いつもの狼森の一本の木です。 空気も何かしっとりした感じがする今日この頃です。 木々の枝先もすこしけぶるような色合いになってきました。
今日も よい一日でありますように 

投稿: 蒼山庵 | 2008年3月27日 (木) 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一冊の本 | トップページ | 三月の牧場 »