« 四季の断想(三月) | トップページ | 秋間梅林・Prunus mume »

2008年3月15日 (土)

朴 葉

08mar_img_2662_g

【朴 葉】

 雪が融けた森に 秋の容のままに朴葉がおちている
 梢にひろがる空は 方解石の色

                     (三月 長野県小諸市 御牧ヶ原 農大の森にて)

ふしぎなの
ちっともさむかなかったし
ちっともこわかなかったの
ゆめみてたの
ゆめみてたの
だけどゆめじゃあなかった
手つないでてくれてありがとう

(16 March 2008  ルカ)

|

« 四季の断想(三月) | トップページ | 秋間梅林・Prunus mume »

コメント

ふしぎなの
ちっともさむかなかったし
ちっともこわかなかったの
ゆめみてたの
ゆめみてたの
だけどゆめじゃあなかった
手つないでてくれてありがとう

投稿: ルカ | 2008年3月16日 (日) 09:19

朴葉・・・これにお味噌を塗って、
鶏肉やお魚を乗せて焼いて~~

あ~又、食べ物を想像してしまう。

ルカさんの温かい詩の後で、食い気先行の私です

投稿: ヨピ | 2008年3月16日 (日) 10:22

ルカ様
〈 ほのぼのと しみじみと 抒情〉
… 素敵な詩をありがとうございました。

投稿: 蒼山庵 | 2008年3月16日 (日) 20:33

ヨピ様
大きなおおきな葉っぱ、美味しいおいしい 〈 ヨピさん風 朴葉焼き 〉 をレシピでご紹介をと家内が申しております 

投稿: 蒼山庵 | 2008年3月16日 (日) 20:48

奥様へ
残念ながら朴葉焼きは、私は食べる専門
作った事がないのです。
身近に朴葉がないのです
でも、機会があれば作ってみたいです。

投稿: ヨピ | 2008年3月17日 (月) 21:27

ヨピ様
チャレンジ・ヨピさん!ですから、ホッぺのおちそうな〈美味しい朴葉焼き〉ができそうです。
「読書の森」の林に、朴の木の二・三本はあるそうですので、主人にお猿さんをやってもらいますね(笑) 朴葉焼きは私も作った経験がありません。  蒼山庵内
 

投稿: 蒼山庵内 | 2008年3月17日 (月) 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四季の断想(三月) | トップページ | 秋間梅林・Prunus mume »