« 諏訪湖の春 | トップページ | 猫 (Felis silvestris catus) »

2008年3月 3日 (月)

続 諏訪湖にて

0832img_4603_edited1

【続 諏訪湖にて】

 氷解の船着場にゆらぐ浅春のひかり

 (平成20年3月2日 長野県諏訪市 諏訪湖畔)

|

« 諏訪湖の春 | トップページ | 猫 (Felis silvestris catus) »

コメント

こんにちは、さいたまは梅が満開で春の雰囲気が漂ってきました。2月10日に全面結氷の諏訪湖を訪ねて警告を無視して氷の上を歩いて初島まで行ってきました。
もうすっかりとけて景色が変わってしまいましたね。諏訪湖の白鳥たちももうすぐ旅立ちでしょう。

投稿: ヘンゼル | 2008年3月 4日 (火) 09:52

ヘンゼル様
移ろう季節。春待つ心も手伝って、水温むの感がありました。 冬鳥の数も僅かになっていました。

投稿: 蒼山庵 | 2008年3月 4日 (火) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 諏訪湖の春 | トップページ | 猫 (Felis silvestris catus) »