« 晴れる | トップページ | 四季の断想(一月) »

2008年1月18日 (金)

らしからぬもの (Corvus monedula)

0712img_3804_e

【らしからぬもの (Corvus monedula)】
 肩を揺らしながら、よたよたと近づいてくる、鳥 … 。 
 イヌらしからぬ犬や、人らしからぬ人間というのは、時折、見かけたりもしますが、
 ” カラスらしからぬ、カラス ” というのは初めてです …  洒落者ですね。

                                                (20 Dec.'07  Stadtpark Wien Austria)

 和名 : ニシコクマルカラス  ヨーロッパに広く分布
 
Eurasian jakdaw (学名 Corvus monedula) 

|

« 晴れる | トップページ | 四季の断想(一月) »

コメント

まるでベストを着ているかのような色模様。
調べますと、頭のテッペンまで白い者や、目が白い者も居て、色々・・居るらしい。
遥か昔に、不順異性交遊があったのか、アルビノとの交雑の結果なのか????何とも不思議。
確かに洒落者ですが、保護色として見ると今ひとつと言った感じであります。
「オオタカには十分お気を付け下さい!!。なあ、カラス君」

投稿: 西岡 | 2008年1月21日 (月) 14:47

西岡様
この、カラスらしからぬカラスのほかに、嘴の白いカラス、普通の?カラスが、みんな一緒に仲良く暮らしておりました。

投稿: 蒼山庵 | 2008年1月22日 (火) 00:12

白黒ツートンは目立ってしまい保護色にならないのでは?と思っておりましたら、それは人間の目で見た場合の話であって、他の生物は人間ほど色彩を感じる事が出来ず、白黒ツートンで保護色になっているとの事でありました。シマウマ、パンダ、シャチ、乳牛他、哺乳類では意外とたくさん居るようです。
いやはや、色彩は感じられるが視野の方が少し狭かったようである・・・(独り言)。

投稿: 西岡 | 2008年1月22日 (火) 09:09

西岡様
ジャー ジャーと 騒がしい、あの ” カケス ” もカラスの仲間だそうです。 庭に現れることもありましたが、このところ、とんと、姿を見かけません。

投稿: 蒼山庵 | 2008年1月22日 (火) 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晴れる | トップページ | 四季の断想(一月) »