« ヒヨドリ (Hypsipetes amaurotis) | トップページ | 蒼の浅間 »

2008年1月29日 (火)

雪の町屋

08127s_img_4097

             雪の町屋          北国街道 海野宿

                   (平成20年1月27日 長野県東御市 海野宿にて)

|

« ヒヨドリ (Hypsipetes amaurotis) | トップページ | 蒼の浅間 »

コメント

みなかけかと思ってたら、くつかけでした(沓掛)。
とうぎょかと思ってたら、とうみでした(東御)。
おまきがはらかと思ってたら、みまきがはらでした(御牧ヶ原)。
かいやしゅくかと思ってたら、うんのしゅくでした(海野宿)。

何とも、長野は読めないのであります・・・長野県人の皆様、笑ってやって下さい!!。

蒼山庵 さんの感性を表したすばらしい1枚だったんですが、低レベルなコメントになってしまった!!。海野宿には行って見たいなぁ。

投稿: 西岡 | 2008年1月30日 (水) 01:54

西岡様
ついでですが、まながし(馬流)、みよた(御代田)、かのう(和)と云った地名もあります。 長野の地名をお楽しみください。 ◆海野宿は、地元の方々の考え方がしっかりしているせいでしょうか、町通りは品よく、清々しい感じさえします。 一度おいでになってください。

投稿: 蒼山庵 | 2008年1月30日 (水) 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒヨドリ (Hypsipetes amaurotis) | トップページ | 蒼の浅間 »