« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

霧 氷

08127img_6470_1_1_1_2

                 霧 氷                   M. Sakurai 氏 撮影

 ひどく冷え込んだその日、一枚のうつくしい霧氷の写真が届きました。

                      (27 January 2008  長野県小諸市 浅間山麓)

| | コメント (0)

2008年1月30日 (水)

蒼の浅間

08127img_4107_3

【蒼の浅間】

 遠過ぎず 近過ぎず 浅間山が最も美しく見えるのは、信州・旧北御牧村、
 上八重原の集落です。 冬、蒼の世界がひろがります。

                    (27 January 2008  長野県東御市 上八重原にて)

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

雪の町屋

08127s_img_4097

             雪の町屋          北国街道 海野宿

                   (平成20年1月27日 長野県東御市 海野宿にて)

| | コメント (2)

2008年1月28日 (月)

ヒヨドリ (Hypsipetes amaurotis)

08128p1015642

【ヒヨドリ (Hypsipetes amaurotis)】

 雪の日に、玄関の壺に投げ入れのツルウメモドキの赤い実をみんな食べてしまっ
たのは、ヒヨドリの仕業。
 今朝も、ドウダンツツジの餌台に、すまし顔でやってきています。

                    (平成20年1月28日 長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (2)

2008年1月27日 (日)

冬の松原湖

08126s_img_4079

【 冬の松原湖 】

 八ヶ岳の峰々を仰ぐ氷上で、ワカサギの穴釣りを楽しむ人々。 かつて、この湖は、大勢のスケーターで賑わっていました。 都会からも、たくさんのスケーターがやってきたものでした。
 白く広がる氷原 ――  時の流れをつくづくと思う休日の午後でした。

 (平成20年1月26日 長野県南佐久郡小海町 松原湖にて)

| | コメント (2)

2008年1月26日 (土)

銀河鉄道の夜

08126b_img_0002

 【銀河鉄道の夜】                 

 すると、どこかで、ふしぎな声が、銀河ステーション、銀河ステーションと云ふ声がしたと思ふと、かくして置いた金剛石を、誰かがいきなりひっくりかへして、ばら撒いたといふ風に、眼の前がさあっと明るくなって、ジョパンニは、思はず何べんも眼を擦ってしまひました。
 気がついてみると、さっきから、ごとごとごとごと、ジョパンニの乗ってゐる小さな列車が走りつづけてゐたのでした。 ほんたうにジョパンニは、夜の軽便鉄道の小さな黄いろの電燈のならんだ車室に、窓から外を見ながら座ってゐたのです。

                       宮沢賢治著 『銀河鉄道の夜』より

 (Photo. : 26 January 2008  長野県小諸市 蒼山庵)

●こちらの記事もご覧下さい → ・・・ 雪やむ (宮沢賢治『雪わたり』)

| | コメント (7)

2008年1月25日 (金)

モルゲンロート

031126_edited1

【モルゲンロート】

 浅間山の夜明け  信州・小諸の冬風景です

                  (長野県小諸市 自宅裏よりモルゲンロートの浅間山)

| | コメント (2)

2008年1月24日 (木)

ブラチスラヴァ城

Img_3664_e

【ブラチスラヴァ城】
 かつてのハンガリー王国の首都・ブラチスラヴァ。  午後の晩い光りが射して
 古い城塞の丘は、宗教画にも似た色合いを見せていた。

                         (17 Dec. 2007 スロヴァキア ブラチスラヴァ  ドナウ河畔にて)

 関連記事 → 中欧・冬の旅

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

細 雪

08123p1015646

【細 雪】                                                  

 マサキの赤に降る雪は淡く細かな雪でした

                    (平成20年1月23日 長野県小諸市 自宅にて)

ものすごくひろい大地の中
ものすごくとおいところから
あなたをみつけたんだ
自分が生まれてきた意味が
わかったんだ
今を大切にしたい
あなたに会えてよかった

(24 January 2008  ルカ)

| | コメント (9)

2008年1月22日 (火)

八ヶ岳山麓

06125img_2255jpg_a

【八ヶ岳山麓】
 私の山歩きは、この八ヶ岳山麓から始まりました。
 赤岳、横岳、硫黄岳、キレット、天狗尾根、真教寺尾根、県界尾根、杣添尾根
 念場ヶ原、野辺山原 …  懐かしい名が連なります。

                   (25 Jan. '06 長野県南佐久郡南牧村 野辺山にて)

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

オナガガモ (Anas acuta)

Img_2022_edited1_2

【オナガガモ (Anas acuta)】

 「 もしもし … 」 声をかけても、居眠りをつづけるカモたち。  安曇野の野鳥です。

                (3 January 2008  長野県安曇野市 御宝田遊水池にて)

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

冬の日に

Img_8236_e_2

  ショパン 『 幻想即興曲 』 …
   故人が好きだったという曲を 小さな友人の少女が弾いている
                                            合掌

| | コメント (2)

2008年1月19日 (土)

四季の断想(一月)

08114_img_4128_e

          四季の断想(一月)      雪中枯色

  (14 January 2008  長野県佐久市  曹洞宗 洞源山 貞祥禅寺にて)

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

らしからぬもの (Corvus monedula)

0712img_3804_e

【らしからぬもの (Corvus monedula)】
 肩を揺らしながら、よたよたと近づいてくる、鳥 … 。 
 イヌらしからぬ犬や、人らしからぬ人間というのは、時折、見かけたりもしますが、
 ” カラスらしからぬ、カラス ” というのは初めてです …  洒落者ですね。

                                                (20 Dec.'07  Stadtpark Wien Austria)

 和名 : ニシコクマルカラス  ヨーロッパに広く分布
 
Eurasian jakdaw (学名 Corvus monedula) 

| | コメント (4)

2008年1月17日 (木)

晴れる

08115img_4131_e

                        晴れる                      浅間山(2568m)

                              (平成20年1月15日 長野県小諸市にて)

| | コメント (2)

2008年1月16日 (水)

冬の星座

08116_img_4133

【冬の星座】

 天空にかかるオリオン星座、明日の最低気温はマイナス7℃ とTVが報じている。

                       (16January 2008  長野県小諸市 自宅にて)

| | コメント (4)

2008年1月15日 (火)

真鯛 (Pagrus major)

08113img_4115

【真鯛 (Pagrus major)】
 スズキ目 タイ科 マダイ 学名は Pagrus major。 北海道以南の本州沿岸や、朝
鮮半島、中国大陸の沿岸部に分布。 とくに縁起のよい魚とされ、日本人にとって
は格別の意味をもった魚である。
 魚市場や鮮魚コーナーなどで見かける見事なマダイ。 町の通りや縁日などに並
ぶ仲間もあり、こちらは別名 ” タイヤキ ” の名で親しまれている。
 ほのぼのと温かく、 しあわせがやってくる、めでたい鯛である。

                (平成20年1月13日 長野県佐久市 野沢町の通りで)

| | コメント (11)

2008年1月14日 (月)

一尾の魚

08114img_4123_e

【一尾の魚】
 かすかにひびく懸け樋の音、 禅堂の奥に一尾の魚がふかく身を沈める池が
 ある。
          (平成20年1月14日 信濃国 佐久の郡 曹洞宗 洞源山 貞祥寺)

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

雪のカラマツ並木

08112img_4092e

                              雪のカラマツ並木

                    (12 January 2008  長野県佐久市 長野牧場にて)

| | コメント (4)

2008年1月12日 (土)

午後になって雪

08112img_4101

【午後になって雪】

 午後になって雪 …   白樺の上に降る雪  私の上に降る雪

                   (平成20年1月12日  長野県佐久市 長野牧場にて)

| | コメント (4)

2008年1月11日 (金)

季 節

Img_3982

【 季 節 】
 この時季、高原のこの辺りは冬枯れ一色と思いがちですが、注意して見ますと、
足下などに、方解石の結晶のような霜をまとった草の緑や、青いイヌノフグリの花
色があるのに気づきます。
 過ぎた季節の名残りの色なのか …   待つ季節への想いなのか …  
 それは、見る人の心のままです。
                    (平成20年1月11日 長野県小諸市 美里にて)

| | コメント (2)

2008年1月10日 (木)

槍ヶ岳暮色

051020_img_0731

                       槍ヶ岳暮色

                            (長野県小諸市 御牧ヶ原・狼森にて)

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

常念岳

Img_4011

【常念岳】
 ” … 私は 風となり 岩となって どこまでも歩きつづけた ”  古い山日記にそん
 な記述があった。 遠い日の常念山行。

                           (3 January 2008  長野県 安曇野にて)

覆いかぶせればいいのか
何もかも隠す一色は
強いのか強くないか
悲しいのか悲しくないか
美しいのか美しいのか

(11 January 2008  ルカ)

| | コメント (3)

2008年1月 8日 (火)

0816img_4057_2

【 薪 】

 森の散策道 …  無人と思っていた小舎の壁に、薪が積まれていた。

              (平成20年1月6日 長野県小諸市 御牧ヶ原・農大の森で)

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

獅子舞

0812_dsc00416_3

【獅子舞】

 四辻にひびく唄 …   村の一年は 子供達の獅子舞で始まります。

                             (2 January 2008  長野県小諸市)

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

御牧ヶ原

0812img_3992

【御牧ヶ原】

 快晴の日の夕刻 御牧ヶ原をうたう パストラーレ カンタービレ

                      (2 January 2008  長野県小諸市 御牧ヶ原)

| | コメント (9)

2008年1月 5日 (土)

夕陽の丘

Img_3996

【夕陽の丘】

 この丘は、牛飼いの家族が住む丘です。

                      (2 January 2008  長野県東御市 御牧ヶ原)

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

中仙道・望月宿

Img_3943

【中仙道・望月宿】

 人々の遠い想いのような雪降る

                         (1 January 2008  長野県佐久市 望月)

| | コメント (2)

2008年1月 3日 (木)

北アルプスのふもとで

081309

【北アルプスのふもとで】

 雪ぐもがきれて ひろがった空
 蒼の色を映す水辺に 冬鳥の声がしている

                 (平成20年1月3日 長野県安曇野市 犀川の畔にて)

| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

元旦の ”読書の森” で

0811img_3971

0811img_3978                      元旦の ”読書の森” で
 元旦早々 「読書の森」 で、たいへん楽しいお酒をごちそうに
なりました。
 「読書の森」 のみなさん、どうもありがとうございました。

いま ” どくしょのもり ” に、ブリさんとコーさんという、ふたりのコウコウセイがホー
ムステイしています。 オースラリアからのこうかんりゅうがくせいです。 アルバイト
をしてりゅうがくひようをつくったという、ガンバリヤサン、それにオーストラリアたい
りくのおおらかさと、むすめさんらしいセンサイサをそなえた、それはそれはチャー
ミングなムスメサンたちです。 ここは、こうげんのサロンようなトコロですから、す
てきなデアイがたくさんあります。 日本のこと、日本じんのこと、日本のカゾクのこ
と、いっぱい いっぱいベンキョウしていってくださいね。

 日本の高校生活、列車通学、東京、天体観測、美しい自然、雪、食べ物、着物、
初詣、あやとり、おぐら百人一首、おてだま、わらべうた等々、いろいろ体験しまし
た。明日は、読書の森の同い年の娘さんとスキーにいくのだそうです。
 読書の森のYUさん家族、そしてYUさんちのジイジとバァバが、遠来の彼女たち
をやさしく見守っておりました。 茶房の外では雪が舞い始めていました。
                                  蒼山庵内&蒼山庵

      (平成20年1月1日 長野県小諸市 御牧ヶ原  「茶房・読書の森」 にて)

| | コメント (4)

2008年1月 1日 (火)

元旦いけ花

0811_img_3935

                   元旦いけ花          Ritsuko作

                                (平成20年 元旦  蒼山庵)

| | コメント (4)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »