« 霧氷の森へいく | トップページ | 白い扉の牧舎 »

2007年12月11日 (火)

こぎつね天文台

0634img_2893_2 

【こぎつね天文台】

 タケルさんほど器用な人を他に知りません。 御牧ヶ原の小さな池の畔に、ご自分で建てた天文台。 タケルさんの浪漫や夢ががいっぱい詰まった 「こぎつね天文台」 です。   澄み渡る冬空 …  星々がもっとも美しく煌めく季節です。

 信濃毎日新聞(12/12)のお知らせ欄に次のような記事がありました。

 [小諸市]▽12月15日午後6時 御牧ヶ原・こぎつね天文台 = 冬の星座を見る
 たのしみ(参加無料)。 詳細は でんわ 0267・25・6393

 (Photo. : Mar. '06  長野県小諸市 御牧ヶ原 「こぎつね天文台」)

|

« 霧氷の森へいく | トップページ | 白い扉の牧舎 »

コメント

ビューレインを走るといつもこの丸いドームが目に入りますね。本当にこの御牧ヶ原では星空が美しいです。先月は余りに美しいのでしばらく見ていたら、流れ星に出会えました。得した気分でした。今夜あたりは流れ星が多いとか、見られるかな!?

投稿: 信州小諸通信 | 2007年12月14日 (金) 12:50

信州小諸通信様
「こぎつね天文台」の近くでは、キツネたちの姿をよく見かけます。ここはきつね塚という地籍です。 農大上の峰道にも私設天文台がありますね。 今夜は「ふたご座流星群」が見られるそうですが、どうなんでしょう。

投稿: 蒼山庵 | 2007年12月14日 (金) 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 霧氷の森へいく | トップページ | 白い扉の牧舎 »