« シャンソン (Chanson) | トップページ | 日本の秋 »

2007年10月26日 (金)

山ぶどう (Vitis coignetiae)

071021img_2913

【山ぶどう (Vitis coignetiae)】

 森の奥の ” 山ぶどう ” が 今年もたくさんの実をつけました

               (October 2007  長野県 小諸市 御牧ヶ原 農大の森で)

その葉の弁柄
実の紺青
人ではつくれぬ
暁の光りから生まれた
コロイドの霧の一点ずつが
着地して着地して深めていった

(27 October 2007  ルカ)

|

« シャンソン (Chanson) | トップページ | 日本の秋 »

コメント

その葉の弁柄
実の紺青
人ではつくれぬ
暁の光りから生まれた
コロイドの霧の一点ずつが
着地して着地して深めていった

投稿: ルカ | 2007年10月27日 (土) 03:21

ルカ様
 美味い葡萄酒になるという ”山ぶどう”も、ここ御牧ヶ原では採る人もなく、季節は過ぎていきます。 (人が余りおらないのです)

投稿: 蒼山庵 | 2007年10月27日 (土) 10:21

たびたびおじゃましてすみません。
昨夜、拝見したとたんから、
あまりの色の美しさが頭から離れなくて、
夜中 目が覚めるたびに眺めていました。
背景の光りは、やはり秋のそれだし、
葉の色、実の色、
自然が創り出す色には、とうていかないません。
また1枚、こころに深く刻まれました。
美しい色を届けてくださり、ありがとうございました。

投稿: ルカ | 2007年10月27日 (土) 22:29

先日、山ぶどうの美味しいジャムを頂きました、勿体無いですね。

ルカさんの詩が、写真を表してピッタリ!
どちらも、美しくて清らかで・・・
この感動をお伝えできない、
語彙の少ないヨピは、歯がゆい思いがしています。
素晴らしさに、ひたすら感動しています。

投稿: ヨピ | 2007年10月28日 (日) 01:20

ルカ様
 標高850mでは初霜があったと、メールがありましたから、この辺りもそろそろでしょう。紅葉と落葉が一気に進みます。自然のすばらしい色が落ちていないか、探してみることにします。

投稿: 蒼山庵 | 2007年10月28日 (日) 08:26

ヨピ様
 時季外れの台風が過ぎて、今日は快晴です。 
 ”山ぶどう”・・・高級ジャムの材料になると家内が知れば、黙っていないと思います(ヨピさんのコメント、家内はまだ気づいていないようです)
 今日も御牧ヶ原を歩いてみようと思っています。 紅葉が随分進んでいます。

投稿: 蒼山庵 | 2007年10月28日 (日) 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャンソン (Chanson) | トップページ | 日本の秋 »