« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

御牧ヶ原・読書の森界隈

07929img_2541

【御牧ヶ原・読書の森界隈】

 小諸の街から千曲川を渡り、上ノ平集落を抜けて約半里の急な山道を上りきると、
そこは広大な御牧ヶ原台地です。 
 道は、白い壁のウッドハウス(読書の森)の脇を抜け、ゆったりとひろがる黒い森
(農大の森)へと続きます。

                  (平成19年9月29日 長野県 小諸市 御牧ヶ原にて)

| | コメント (2)

2007年9月29日 (土)

ろばろばマルシェ Ⅱ

07929img_2554
07929img_2550_2                    【ろばろばマルシェ Ⅱ】

 ワゴンにのったお洒落な西洋野菜たち ……  ろばろばマルシェ アトリエ・ノマド の有機野菜販売。  今日の主役の野菜たちです。 遠来のファンの方も たくさんみえておりました。

(平成19年9月29日 長野県 小諸市 御牧ヶ原 茶房・読書の森 にて)

| | コメント (2)

2007年9月28日 (金)

キジのこどもたち (Phasianus versicolor)

07928img_2528

【キジのこどもたち (Phasianus versicolor)】

 今朝もまた、窓の外がにぎやかです。
 キジのこどもが五羽、りんご畑を走りまわっています。 あのキジ のこどもたちです。

                 (平成19年9月28日 長野県 小諸市 自宅の窓から)

| | コメント (0)

2007年9月27日 (木)

蓮 (Nelumbo nucifera)

07923img_2434jpg_a

【蓮 (Nelumbo nucifera)】

 葉も 花も みごとですが  朽ちるさまも またみごとです

             (平成19年9月23日 長野県 上田市 塩田平・手塚池にて)

| | コメント (2)

2007年9月26日 (水)

霧ケ峰初秋

079img_2500_026

【霧ケ峰初秋】

 ひと夏の喧噪が過ぎ去った高原はススキ。 北々西の風が吹いています。

                 (September 2007  長野県 小県郡  霧ケ峰高原にて)

| | コメント (2)

2007年9月25日 (火)

カフェ・ロゾ

07924img_2464_2

【カフェ・ロゾ】

 コンサートが終わり、中庭のカフェに華やいだ空気がひろがった。

     (24 September 2007  群馬県 渋川市  日本シャンソン館 カフェ・ロゾにて)

| | コメント (4)

2007年9月24日 (月)

階段下の扉

07924a_img_2445

                             階 段 下 の 扉

            (24 September 2007  群馬県 渋川市  日本シャンソン館にて)

| | コメント (2)

2007年9月23日 (日)

橋 梁

Img_6459

【橋 梁】

 大峡谷にかかる橋梁 …  初秋の空

        (平成19年9月18日 長野県 小諸市 千曲ビューライン・小諸大橋)

| | コメント (0)

2007年9月22日 (土)

コスモス (Cosmos bipinnatus)

06_img_7044_109

【コスモス (Cosmos bipinnatus)】

  花言葉は ” たおやかさ ” … 原産地メキシコの趣きを残しながら日本の風景に
  とけこんでいる、秋。

                (September '06  長野県 小諸市 御牧ヶ原のコルにて)

| | コメント (7)

2007年9月21日 (金)

RGB 光の空間 ・ 四季の断想(九月)

07921img_2406jpg_a

               四季の断想(九月)           2007 Sozan-an

               R G B   光 の 空 間   (September 2007   Liquid Crystal)

| | コメント (0)

2007年9月20日 (木)

赤絵大皿

07916img_2345

【赤絵大皿】

 生家を修復するとのことで、夏以降、兄夫婦が帰省しては片付けをしている。 私も時々手伝いに行っている。 兄は 「 歴史だけはある家だから お宝なんぞが出てくるのでは … 」 などと云っていたが、 まぁ~ 信州の、それも山村の小さな集落のことだから期待薄であろうと云っておいた。
 それでも何回目かの片付けを進めるうちに、納戸の奥の方から数多くの御膳や器などが出てきた。 なかには三、四十 揃ったものもある。 煤けた、江戸時代の調達年号を記した箱に収納されているものもあった。 それらは、けして上等なものではないが、振舞い用として農家のつつましい暮らしの中から少しずつ取り揃えていったものに違いなかった。
 保存のために整理をするなかで一枚の大皿を記念に貰うことにした。 比較的新しい時代のものと思われるが、その赤絵からして、おそらくは婚礼などの祝い振舞いに用いられたものであろうと思われた。 遠い昔に想いを馳せるとき 今に至る譜系こそがこの家の宝であろうと思った。

 (平成19年9月20日)

 関連記事→ 生家修復

| | コメント (2)

2007年9月19日 (水)

初 秋

07917img_2374

【初 秋】

 初秋の湖畔 ロッジの方で犬をよぶ声がしている

            (17 September 2007 長野県 南佐久郡 小海町 大月湖にて)

| | コメント (0)

2007年9月18日 (火)

ダケカンバ (Betula ermanii)

07917img_2394

【ダケカンバ (Betula ermanii)】
 そこにはダケカンバの大きな木があって黒々とした影をおとしていましたから
 その先の小さな池の周りは随分とあかるいものに見えたのでした。

           (平成19年9月17日 長野県 南佐久郡 八千穂高原 駒出池)

| | コメント (2)

2007年9月17日 (月)

キアゲハ (Papilio machan)

07917img_2366

07917_a_img_2361

                キアゲハ (Papilio machan)

 百日草、グラジオラス、ダリア、矢車草 ・・・  小学生の頃の花壇の定番でした。
 この春、花屋で見つけた昔懐かしい百日草の種。 前庭の一坪ほどに7月頃から次々と花を咲かせています。

 時折やってくるキアゲハ …  その姿にどきどきするのも、やはり子供の頃と同じです。
                   (平成19年9月17日 長野県 小諸市 自宅にて)

| | コメント (0)

2007年9月16日 (日)

こもれび

079_img_1710804

【こもれび】
  三月・春の道普請  五月・花壇作り  六月・農業用水の草刈り  九月・秋の道
普請 …   村の共同作業の一年です。 農家も非農家も力を合せての作業です。

 秋の道普請の頃 …  名残の暑さはありますが、木洩れ日は もう秋の色です。

                         (平成19年9月16日 長野県 小諸市)

 ら 
 さら
 る
 しゃら
 きら
 りらら
 りらりら

 ひかりの声がして
 この手のひらにおりてくる

( 17 September 2007  ルカ )

| | コメント (10)

2007年9月15日 (土)

街通りの看板

Img_1785jpg_a 

【街通りの看板】

 「看板がでていますから すぐに分かります」 と いわれた、街通りのガラス工房。

                      (September 2007  長野県 東御市 海野にて)

| | コメント (0)

2007年9月14日 (金)

狼森のくるみの木

0510_img_0622_12

                           狼 森 の く る み の 木

                       (September '05  長野県 小諸市 御牧ヶ原)

| | コメント (0)

2007年9月13日 (木)

御牧ヶ原 夕景

07913img_2329

【御牧ヶ原 夕景】

 青い実を僅かばかり落としたのは、狼森のくるみの木。
 台風一過 …  静かな夕空がひろがりました。

               (September 2007 長野県 小諸市 御牧ヶ原・狼森にて)

| | コメント (2)

2007年9月12日 (水)

琺瑯(ホーロー)看板

07911img_2289

【琺瑯(ホーロー)看板】
 写真は上田市で見かけた看板です。 懐かしく感じられる方も多いのではないでしょうか。 強力殺虫剤・ハイアース(アース製薬)、人物は歌手の水原ひろしさん(故人)、第一回(昭和34年)日本レコード大賞の受賞者で曲は、あの「 黒い花びら 」でした。
 昭和30年代~昭和40年代に盛んに作られた琺瑯(ホーロー)看板ですが、今はもう見かけることはほとんどありません。 ”昭和ノスタルジア ” 郷愁を呼ぶ琺瑯看板です。 

 琺瑯看板の数々
    ボンカレー     大塚食品  松山容子
    アース渦巻    アース製薬 由美かおる
    ハイアース     アース製薬  水原ひろし
    オロナイン軟膏   大塚製薬   浪花千恵子
    オロナミンC     大塚製薬  大村昆

 琺瑯看板 : ガラス質の釉薬を高温で焼付けたもので、耐久性に優れる。

 (平成19年9月 長野県上田市)

| | コメント (2)

2007年9月11日 (火)

続 直江津港にて

0798img_2255

【続 直江津港にて】

 薄曇りのわずかに蒼みをおびた海、少し風がでてきた海を、佐渡汽船の白いフェ
リーがゆったりと出てゆきました。
                    (8 September 2007  新潟県 上越市 直江津港)

| | コメント (2)

2007年9月10日 (月)

オオイヌタデ (Persicaria lapathifolia)

07823img_2066_2

【オオイヌタデ (Persicaria lapathifolia)】

 宿場通りに、オオイヌタデが野の花の風情をもって咲いていた。

                    (Aug.. 2007 長野県 東御市 北国街道・海野宿)

| | コメント (6)

2007年9月 9日 (日)

直江津港にて

0798img_2265

【直江津港にて】

 丸屋根倉庫のある長い防波堤に沿って、佐渡行の大型フェリーが低く機関音を響かせて出て行くと、辺りはまた うみねこの声とおだやかな波音につつまれました。

 (8 September 2007 新潟県 上越市 直江津港)

| | コメント (2)

2007年9月 8日 (土)

看 板

0792img_2167

【看 板】
 すすきの若い穂がさやさやゆれる野原の道に、ろばの看板がゆれています。
 あの山猫の 『 注文の多い料理店 』 も近くにありそうな御牧ヶ原界隈です。

                      (September 2007  長野県 小諸市 御牧ヶ原)

| | コメント (4)

2007年9月 7日 (金)

9月の浅間山麓

079img_2206jpg_04a

【9月の浅間山麓】

 しずむ夏の色の その遠いものをみる足元には 吾亦紅がゆれていました

                        (September  2007  長野県 佐久市 平尾)

| | コメント (2)

2007年9月 6日 (木)

続 ロバのいる風景

0792img_2171

【続 ロバのいる風景】

 はじめての騎乗、一頭と一人のこの夏はかくして終わりました。 
 ユウ先生の授業もはじまって、山の学習塾に子供たちがもどってきました。

              (平成19年9月2日 長野県 小諸市 御牧ヶ原 読書の森)

| | コメント (6)

2007年9月 5日 (水)

魅かれ花

Img_2133jpg_a

【魅かれ花】

  心のありようによって魅かれる花です

                              (3 September 2007 自宅にて)

| | コメント (2)

2007年9月 4日 (火)

千曲ビューライン

0794f_img_2233

【千曲ビューライン】

 御牧ヶ原を縦断する「千曲川左岸広域農道」。ちょっとお洒落に「千曲ビューライン」
と呼ばれています。 高原台地を走るさわやかな道路です。

                                          (2 September 2007 長野県 小諸市 御牧ヶ原)

| | コメント (0)

2007年9月 3日 (月)

御牧ヶ原の九月

0792

            海抜八百米 御牧ヶ原の九月  丘の道は蕎麦の花に埋まります

                 (平成19年9月2日 長野県 小諸市 御牧ヶ原にて)

| | コメント (2)

2007年9月 2日 (日)

太陽の花 (Helianthus annuus)】

0792img_2157

【太陽の花 (Helianthus annuus)】

 校庭のひまわりが こどもたちを見守るように咲いておりました

                           (2 September 2007  長野県小諸市)

| | コメント (2)

2007年9月 1日 (土)

狼森晩夏

E827

               狼森晩夏

                 (27 August '05  長野県 小諸市 御牧ヶ原 狼森にて)

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »