« 風の又三郎 (終章) | トップページ | 狼森晩夏 »

2007年8月31日 (金)

小さなイス

Photo

【小さなイス】

 南佐久の田口峠(1100m)を越えた谷間にひっそりと屋根を寄せ合う広川原と馬坂の集落。 ―― 馬坂川の畔に立つ小さな赤屋根の分校。
 窓がいっぱいに開け放たれ、先生の声が、子供たちの声が、オルガンの音が、この緑深い谷間に響いていたのは、そう ~  随分と昔です。
 峠からながれくる晩夏の風が校庭をおおう葛の葉をかすかに揺らし、馬坂川の川音だけが静かに響いていました。 長野県南佐久郡臼田町立田口小学校狭岩分校、閉校になったのは昭和47年3月です。
 わが家の庭イスはこの分校で使われていたというイスです。  10年ほど前に譲り受けた、昔懐かしい小さなイス ……  山の子どもたちがどんな夢をもってすわっていたのだろうかと、ふと想うことがあります。
                             (平成12年 夏の終りに)

●17年間使ったこの小さな庭イスは、昨年の夏にその役目を終えました。 閉校 となって35年、山の分校がその後どうなったかは分りません。
                                     (平成19年 夏の終りに)

|

« 風の又三郎 (終章) | トップページ | 狼森晩夏 »

コメント

素敵すぎます。
もしかしたら、ホワイトに塗られたのですか?その学校でそのイスに座っていた生徒さんが、今そのイスに座ったらどんな気持ちでしょう?昭和47年というと、私は小学校に入った頃・・・閉校の頃卒業された生徒さんは、今50歳くらいですよね・・・

投稿: みや | 2007年8月31日 (金) 21:49

みや様
 ブログ「今日のスパイス」 楽しく拝見しています。 みやさんの先生ぶり、素敵にまたほのぼのとしてきます。

 狭岩分校のある山の集落は今から40年以上も前に訪れました。 わが家の庭イスがこの分校で使われていたものと分かって、再び訪れたのは平成12年の夏・・・まるで時を遡るかのようでした。

 庭イスは、一念発起して手作りした机とともに毎年、白ペンキをせっせ、せっせと塗りましたので17年間も気持ち良く使うことができました。 ビールがいっそう美味しくなる庭イスでした。

投稿: 蒼山庵 | 2007年8月31日 (金) 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風の又三郎 (終章) | トップページ | 狼森晩夏 »