« ひまわり (Helianthus annuus) | トップページ | 小さなイス »

2007年8月30日 (木)

風の又三郎 (終章)

078_img_2115jpgb_291

【風の又三郎 (終章)】

 「そうだないな やっぱりあいづは風の又三郎だったな」 嘉助が高く叫びました。
 宿直室のほうで何かごとごと鳴る音がしました。 先生は赤いうちわをもって急い
でそっちへ行きました。
 二人はしばらくだまったまま、相手がほんとうにどう思っているか探るように顔を
見合わせたまま立ちました。
 風はまだやまず、 窓ガラスは雨つぶのために曇りながら、 またがたがた鳴りま
した。

 宮沢賢治著 『 風の又三郎 』 より  (写真 長野県小諸市 御牧ヶ原)

●こちらの記事もご覧ください宮沢賢治著 『茨海小学校』

|

« ひまわり (Helianthus annuus) | トップページ | 小さなイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひまわり (Helianthus annuus) | トップページ | 小さなイス »