« 七月の牧場で | トップページ | 美術館の噴水で »

2007年7月 6日 (金)

バラモンジン (Tragopogon pomifolius)

06711img_5579

【バラモンジン (Tragopogon pomifolius)】

 ふんわか 綿毛をふくらませたら あとは風まかせです

 ( ―― そんな人生も ありますね )

                           (Photo. : 11 July '06  長野県 小諸市にて)

そうさ
思いっきり身をゆだねるのさ
何も考えちゃいけない
任せるんだ 預けるんだ
だいじょうぶ
すべてが導かれた道
              (詩 ルカ)

|

« 七月の牧場で | トップページ | 美術館の噴水で »

コメント

永年生きてきて初めて見ました。
今、調べてみましたら、
バラモンジン…キク科の花なんですね。
花(?種?)も個性的なら、名前も個性的ですね。

投稿: ヨピ | 2007年7月 6日 (金) 23:39

そうさ
思いっきり身をゆだねるのさ
何も考えちゃいけない
任せるんだ 預けるんだ
だいじょうぶ
すべてが導かれた道

投稿: ルカ | 2007年7月 6日 (金) 23:40

ヨピ様
 確か?黄色い花が咲いていたような・・・テニスボールほどもあるまんまるのモコモコ、どこからやってきたのでしょう? 名前を探すのに苦労しました。

投稿: 蒼山庵 | 2007年7月 7日 (土) 07:05

ルカ様
 バラモンジンは・・・風まかせ
 こちらは・・・成りゆきまかせ  ―― それもまた良しですね。

投稿: 蒼山庵 | 2007年7月 7日 (土) 07:11

バラモンジン 初めてお目にかかります。おもしろいですね。  ルカさんの詩がぴったり! どこから飛んできたのでしょうね?
信州には変わった植物が多いですね。楽しみです^^

投稿: パソコン慣れしてない母 | 2007年7月 7日 (土) 08:55

パソコン慣れしてない母様
 バラモンジン・・・ インターネットでは 「地中海沿岸原産、江戸時代に野菜として
渡来した帰化植物 」 とありますから、そちらにもあるのではと思います。
 それにしても、忘れない、おかしな名前ですね!

投稿: 蒼山庵 | 2007年7月 7日 (土) 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七月の牧場で | トップページ | 美術館の噴水で »