« 続・美術館の噴水で | トップページ | コールラビ (Brasscica oreracera) »

2007年7月 9日 (月)

雨降り花

0678img_1442

【雨降り花】
 「 花を摘むと 雨になる・・・ 」  梅雨のやさしい花色
 東信濃では ” 雨降りとっかん花 ” と呼ぶ人もおります
 学名は Campanula punctata (ホタルブクロ) ・・・ ( カンパニュラ : 銀河鉄道
 の夜 を 照らす花燈なのかもしれません )

        (平成19年7月8日 長野県 小諸市 読書の森・茨海小学校跡地で)

|

« 続・美術館の噴水で | トップページ | コールラビ (Brasscica oreracera) »

コメント

とっかん花・・・?

袋を叩いて破裂させる遊びってありました。
ああ、なるほど・・・。

子どものころ、
一つずつの袋の中に
一匹ずつの蛍がはいってて、って
うっとり想像していたなぁ。
そんなこと思い出しました。

投稿: ルカ | 2007年7月10日 (火) 22:01

ルカ様
 とっかん花・・・ 子供たちの遊びは、どこでも同じようですね。 ホタルとりでは、伸びたネギを手折って、中に入れたものでした。 ネギはすぐに伸びますから、大人たちも大目にみていたようです。

投稿: 蒼山庵 | 2007年7月10日 (火) 23:35

この前、摘んじゃった

投稿: | 2009年4月23日 (木) 10:27

名前書くのわすれちゃった様
 今度、雨に降られて困ってしまったら、
 > この前、(雨降り花)摘んじゃった < ことを思い出してください。

投稿: 蒼山庵 | 2009年4月24日 (金) 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・美術館の噴水で | トップページ | コールラビ (Brasscica oreracera) »