« 美術館の噴水で | トップページ | 雨降り花 »

2007年7月 8日 (日)

続・美術館の噴水で

0777img_1415

【裸のフローラ (1911年)】           アリスティ-ド・マイヨール作

 お母さんに裸ん坊にされた男の子 …… 服が乾くまでの、しばしの姿! です。 噴水の周りにほほ笑みがひろがりました。

  (平成19年7月7日  山梨県 甲府市 山梨県立美術館にて)

|

« 美術館の噴水で | トップページ | 雨降り花 »

コメント

美しいフローラの裸像と
一糸纏わぬ子の歩みが
堂々として、
互いに負けない存在感ですね。

投稿: ヨピ | 2007年7月 9日 (月) 12:40

まさに決定的瞬間!ブレッソンの絵を見ているようです。

投稿: ヘンゼル | 2007年7月 9日 (月) 20:26

ヨピ様
 お母さんに裸ん坊にされた男の子・・・ 服が乾くまでの、しばしの姿! です。 噴水の周りに、ほほ笑みがひろがりました。

投稿: 蒼山庵 | 2007年7月 9日 (月) 20:42

ヘンゼル様
 神話のフローラも、何だか とってもうれしそう! 無邪気っていいですね!

投稿: 蒼山庵 | 2007年7月 9日 (月) 20:52

目を瞑るとフローラがこの児を抱き上げチューした瞬間が網膜に映ります。

投稿: 宗邦 | 2007年7月 9日 (月) 21:27

宗邦様
 ”天真爛漫 ”そのままですね ◆小さい頃、金時一枚で ”とび回って”いたのを思い出しました (あの金太郎さんの腹掛けスタイルです)。

投稿: 蒼山庵 | 2007年7月 9日 (月) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館の噴水で | トップページ | 雨降り花 »