« 夏 色 | トップページ | ハイブリッド列車・キハE200 試験運転終了 »

2007年7月29日 (日)

ロバの一族展

07729img_1646

【ロバの一族展】                 小学生・TENSHI君の作品

 この夏、高原の茶房 「 読書の森 」 では 『 ロバの一族展 』 という、ちょっと変わっ
た名前のアート展が開かれています。
 おおらいえみこさんが描く 銅版画・ロバの世界 ――   ロバとともに暮らす西アジア
の人々の生活がほのぼのと、またしみじみと伝わってきます。
 小学生や三歳の子が描いたという作品 「 茶房のロバ(ジグ) 」 もならべて展示され
ておりました。 小さなこどもたちの 心のなかを歩むロバ ・・・ 。

 「 ロバを飼いたい 」 と云っていた ユウさん(茶房オーナー)の気持ちが分かるよう
な気がしてきました。

 リンク → 茶房・読書の森 HP   読書の森の動物たち

       (平成19年7月29日 長野県小諸市 御牧ヶ原 茶房・読書の森にて)

|

« 夏 色 | トップページ | ハイブリッド列車・キハE200 試験運転終了 »

コメント

この絵、可愛い~☆
草原と山と空の辺りの彩りがなんとも素敵ですね!
それと赤いハミのジグちゃんも本当に可愛いですね。
銅版画のロバの世界も、面白そうですね。

投稿: ヨピ | 2007年7月30日 (月) 17:17

ヨピ様
 なかなか楽しい絵画展です。 乗(驢)馬 をかねて、ジグに乗ってもよい恰好で
 お出かけください! ひきロバ係は、茨海尋常小学校用務員のユウさんです。

投稿: 蒼山庵 | 2007年7月30日 (月) 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏 色 | トップページ | ハイブリッド列車・キハE200 試験運転終了 »