« 続々・緑響く | トップページ | 高原の初夏 »

2007年6月 4日 (月)

雷 神

07529_0808

【雷 神】
 義母の追善法要があった。 方丈さまの法衣の肩で、俵屋宗達の ”あの雷神 ”が
大見得をきっていた。 深入禅定 見十方仏 ――  こころ細やかな反面、大層 お
おらかだった義母のことであるから、この可笑しくもまた畏敬の念を抱かせる雷神を
も、恰好の茶のみ相手にしてしまうに違いない (合掌)。
                                                                           ( 平成十九年 初夏 )

|

« 続々・緑響く | トップページ | 高原の初夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続々・緑響く | トップページ | 高原の初夏 »