« キジバト (Streptopelia orientalis) | トップページ | 山の珈琲 »

2007年6月21日 (木)

光 景

076_img_1082jpg

【光 景】

  ほそく ながく のびやかに ・・・  人々のいとなみが造りだした、いわば人工の景観
 です。
              (June 2007  群馬県 吾妻郡 嬬恋村・高原キャベツ畑で)

|

« キジバト (Streptopelia orientalis) | トップページ | 山の珈琲 »

コメント

それぞれの
その核に抱きこんでいるもの
はじめのはじめのはじまりのところの
だれもみていない
その子しか知らない
たいせつにそっと持ってきたもの

育もう
包もう
愛で
希望で
夢で
美しさで

投稿: ルカ | 2007年6月22日 (金) 04:33

ルカ様
信州上田から鳥居峠をこえて上州へ。 日本百名山・四阿山(2333m)の山麓にひろがる広大な高原キャベツ畑です。 四阿山(あずまやさん)は上州では吾妻山とも呼ばれるようです。吾妻川、吾妻郡(あがつま)、嬬恋(つまごい)といった素敵な名前がつづきます。

投稿: 蒼山庵 | 2007年6月22日 (金) 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キジバト (Streptopelia orientalis) | トップページ | 山の珈琲 »