« フサスグリ (Ribes rubrum) | トップページ | ほたる (Luciola cruciata) »

2007年6月29日 (金)

夏 至

07616_img_1189

【夏 至】

 日没・午後7時10分、 狼森の空に金色の光りがひろがり始めた。

             (Image photo.: 16 June 2007 長野県 小諸市 御牧ヶ原にて)

|

« フサスグリ (Ribes rubrum) | トップページ | ほたる (Luciola cruciata) »

コメント

美しい・ドラマティックな光景ですね!
御牧ヶ原では、この後ホタルが飛び交うのでしょうね~☆

投稿: ヨピ | 2007年6月30日 (土) 00:13

タマシイのさけびが金色にかわっていく
わたしにしかきこえない
もうにどとあえないとおもうからせつない

投稿: ルカ | 2007年6月30日 (土) 06:30

ヨピ様
おはようございます。今朝は雨の音・・・ようやく梅雨らしくなってきました。 今夜あたり、蛍の様子を見に行ってきます。 話はとびますが、ソナやミーシャやノンたちは暗い夜でも、よく目は見えるんでしょうかねぇ?

投稿: 蒼山庵 | 2007年6月30日 (土) 07:29

ルカ様
夏至の日没は午後7時過ぎ、冬至のそれは午後4時半過ぎ・・・ 四季折々、すばらしい夕景がひろがる御牧ヶ原の空です。 ルカさんのように深い詩作ができるとよろしいのですが・・・。

投稿: 蒼山庵 | 2007年6月30日 (土) 07:46

秒単位でどんどん変わっていく夕空の色。
夕景はなぜ涙をさそうのかなぁと思います。
近くにいたら毎日眺めに行きたい・・・
こんな瞬間の空に出会わせていただけること、
こころからありがたく、感謝しています。

投稿: ルカ | 2007年6月30日 (土) 09:07

ルカ様
狼森の一本の木・・・ クルミが青い実をならしておりました。 厚い青皮がぽっくら割れて茶色の実が顔をだすのは、台風がやってくる頃です。

投稿: 蒼山庵 | 2007年7月 1日 (日) 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フサスグリ (Ribes rubrum) | トップページ | ほたる (Luciola cruciata) »