« 赤屋根の牧舎 | トップページ | 御牧ヶ原 快晴 »

2007年5月21日 (月)

開 拓

07521img_0736

【開 拓】
 御牧ヶ原台地の開拓の歴史は1870年(明治3年)に始まったという。
 わずかな天水に用水を頼るしかなかったこの台地には、入植者によってその数
数百とも云われる溜池が築かれたが、旱魃も多く、また標高800mの寒冷地とい
うこともあって、それは苦難の歴史でもあったようである。
 この台地の農業がようやく安定するのは、1961年(昭和36年)に始まる蓼科山
麓・女神湖からの総延長50Kmを超える導水管が完成してからという。

 御牧ヶ原台地に、満々と水を湛える水田 …… 先人が夢みた光景である。

                    (平成19年5月21日 長野県 小諸市 御牧ヶ原)

|

« 赤屋根の牧舎 | トップページ | 御牧ヶ原 快晴 »

コメント

自問。
百年後の
会うことのない子どもたちのために
いったいどんな種を蒔けるだろうか。
蒔いているか、おまえ。

投稿: ルカ | 2007年5月22日 (火) 07:04

ルカ様へ
うーーん  思わずうなってしまいました。
どうして写真にぴったりの言葉がでてくるのでしょう!!   ただただ感動です。

投稿: パソコン慣れしてない母 | 2007年5月22日 (火) 13:06

すごい歴史ですね。

投稿: アヴェニュー | 2007年5月22日 (火) 17:16

先人達の苦しい努力の歴史があってこそ
この豊かに水を湛えた美しい水田が…有りがたいことですね。

ルカさんの詩・・・胸にグサッと来ました。
時折、考えます。私が生きた証として何が残るかしら?

投稿: ヨピ | 2007年5月22日 (火) 18:35

今みるととってもいい田園風景ですが 昔の方は相当ご苦労されたのでしょうね。
こちらは平坦な土地にありながら 田に水が入らなくて苦労しています。もしウチがあそこにあったらと思うと  考えただけで頭が下がりますm(. .)m

投稿: パソコン慣れしてない母 | 2007年5月22日 (火) 20:06

◆ルカ様
 自問せよと 云われても ただよわるだけ蒼山庵

投稿: 蒼山庵 | 2007年5月22日 (火) 21:22

◆アヴェニュー様
 営業ブログ 『 アヴェニュー佐久平の日常 』 ・・・ なかなか楽しいブログですね。
 時々訪問させていただきます。

投稿: 蒼山庵 | 2007年5月22日 (火) 21:31

◆ヨピ様
 水田の美しさも、御牧ヶ原の一側面です。 和と洋の光景が混在調和する、なんとも魅力的な御牧ヶ原であります  ◆素敵なヨピさんと、ほんわかノンの写真がとどきました。 ありがとうございました。 明日、家内が、先日の写真を添付してお返事すると云っておりました。

投稿: 蒼山庵 | 2007年5月22日 (火) 21:45

◆パソコン慣れしてない母様
 今も水田の開拓が行なわれていまして、写真は最も新しい水田のひとつです。 
写真からも高い台地であることが、お分かりになると思います。 遠くに、残雪の
八ヶ岳連峰が輝いて見えます。

投稿: 蒼山庵 | 2007年5月22日 (火) 21:59

ごめんなさい。
ヨピさんをグサッとするつもりも
蒼山庵さんをよわらせるつもりもなく・・・

ただただ
情けない自分に問うたのみでした。

投稿: ルカ | 2007年5月22日 (火) 22:28

蒼山庵様
○○なヨピ・・・照れてしまいます。
皆さん大きな誤解を持たれているかと・・・(汗)
ノンちゃんのホンワカ可愛さは天下一品ですね。

ルカ様へ
「ごめんなさい」なんて、とんでもないです。
今日もルカさんの素敵な詩に感動したヨピです。
最近、同じような気持ちを持っていたので・・・ウン・ウン納得!そうなのよね~と感じいった次第です。
これからも楽しみにしています。

投稿: ヨピ | 2007年5月22日 (火) 23:33

◆ヨピ様
 すろうりぃ大兄がブログに 「御牧ヶ原記念日」 について、素晴らしい一文を書か
れました。 ヨピさんのおかげで、御牧ヶ原にまた新たな物語が始まりそうです。

◆ルカ様
 いえいえ、ぐうたら蒼山庵めには、たまには ”くすり ” になってよろしいのであり
ます。

投稿: 蒼山庵 | 2007年5月23日 (水) 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤屋根の牧舎 | トップページ | 御牧ヶ原 快晴 »