« 小海線の春 | トップページ | ケヤキ (Zelkova serrata) »

2007年4月28日 (土)

海山氏の おもしろ印

Photo

   うしろすがたのしぐれていくか   山頭火

  世の中には、いろいろなことがお出来になる御仁がおるものです。 本来は書家であるという海山氏が石印材に刻した心象印です。 見事と云う他ありません。
  氏のブログ  「 海山の おもしろ印   http://kobottomo.cocolog-nifty.com/blog/ に種々掲載されておりますので、どうぞご覧ください。

Photo_146_1

  
  海山氏のおもしろ印  『 安曇野 早春賦 』

 たいへんうれしいことに、私のブログ写真(4月
 11日 早春賦
)を題材にしてくださったとのこ
 とです。

|

« 小海線の春 | トップページ | ケヤキ (Zelkova serrata) »

コメント

うしろすがたのしぐれてゆくか・・・一鉢一笠の行乞行脚に入った山頭火への想いが膨らみました。

安曇野・穂高を旅したことが信州を好きになった出発点、素敵な山の風景が蘇ってきます。

海山様のおもしろ印、こころに沁みました。
ありがとうございます。

投稿: なずな | 2007年4月30日 (月) 00:14

◆なずな様
おっしゃるとおり、しみじみと、また、ほのぼのと心にしむ、海山氏のおもしろ印です ◆山頭火は晩年、信州・小諸にも姿をみせています。藤村の足跡を訪ねたとも伝えられています。

投稿: 蒼山庵 | 2007年4月30日 (月) 07:00

海山です

掲載していただきまして、
感謝感激です。
誠にありがとうございます。

私はいつも、蒼山庵さんの写真と文に
心楽しませていただいているのです。

投稿: kobottomo | 2007年5月 1日 (火) 09:04

◆kobottomo海山様
こちらこそ、いつもありがとうございます。 印の特徴を表す名前はと考えて、勝手に 「心象印」 とネーミングして紹介させていただきました。 ご了承ください。 これからもよろしくお願いいたします。  蒼山庵 拝

投稿: 蒼山庵 | 2007年5月 1日 (火) 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小海線の春 | トップページ | ケヤキ (Zelkova serrata) »