« 爺ヶ岳 (2890m) | トップページ | 早春賦 »

2007年4月10日 (火)

青い影

0749img_0148

【青い影】
 遠く、大気の果てに沈もうとしている太陽。
 浅間火山の 噴出堆積層が侵食されてできたという 白赤色の崖に投影された木立
 の影  ――  心象の先にみた 青い影の不可思議。

                   (平成19年4月10日 長野県 小諸市 南谷にて)

● 日没時、約70km先からの大気を通過して、波長の短い、紫青系の光が減衰し
た太陽光線と、崖の白赤色との相乗効果によって生じたものと考えられますが、それ
にしても不思議な ”青色の影” です (15分間ほどで日没と共に消えました)。

|

« 爺ヶ岳 (2890m) | トップページ | 早春賦 »

コメント

樹に血が通っている
きっと わたしよりも熱い

投稿: ルカ | 2007年4月11日 (水) 05:38

何か、いろいろな画面が重なって心象風景のような絵みたいですね。不思議な躍動感を感じます。

投稿: ムラムラ | 2007年4月11日 (水) 20:41

ルカ様
詩や文章で、”青い影 ”という表現をよく目にしますが、自然界にほんとうにあることにびっくりしました。 きれいな薄青色でした。

投稿: 蒼山庵 | 2007年4月11日 (水) 20:48

ムラムラ様
白い崖が数キロも続く谷の、不思議な青色でした。 ムラムラさんの深海魚の海にも
こんな青色があるかも知れませんね。

投稿: 蒼山庵 | 2007年4月11日 (水) 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 爺ヶ岳 (2890m) | トップページ | 早春賦 »