« ときどき フォト俳句 | トップページ | 御牧ヶ原の春 »

2007年4月17日 (火)

ルカさんの詩集

101002f_img_0069

詩の 「題名」 をクリックしてご覧ください。
 詩は北の詩人 「ルカさん」 より お寄せいただいたものです。
  (詩は随時追加いたします)

2017
NEW 夕べに   雪解

2016
火山                 六月の朝に     雪の絵本   
雪のカラマツ並木 

2015
夏休み       夕べに       蒼色のロンド

2014
地下通路      見極める/猫Ⅱ     見極める/猫Ⅰ   
真冬日に

2013
冬立つ日       水 面                 こもれび
逢魔が時            コブシ(花)         氷結の池 
蒼の記憶   

2012
降霜の朝           落葉の譜       高原にて       
季節移ろう     棚 田         
          
北帰行(じょうびたき)     蒼の氷紋
   

2011
雨境                                    黒猫           
帰り道        丘を越えていく道     春立つ日
御牧ヶ原なう
       

2010
冬日(枝道)    浅間山冠雪       夕べのうた    
梵音海潮音   石畳の径          御牧ヶ原の三月
風の止んだ夕方
       

2009
-10.2       霜葉落つ          金木犀の香り
城下町で         苗直し         
秋間梅林をいく      賢治幻想               霧氷の森
      

2008
細雪一寸           枯葉        四季の断想・十月
狼森暮色           受想行識     山上の牧場
四季の断想・七月      禁葷酒       続 安曇野の春
からまつの道               朴葉          日没
常念岳                万水川(よろずいかわ)
      

2007
四季の断想・十二月   霧氷の森へいく       ギンドロの月
梢いっぱいの空        山ぶどう            蜘蛛
こもれび             霧鐘塔                     ユウスゲ 
緑ひびく                      山羊                        白い道
白壁                           慈眼視衆生          ラモンジン
花桃の里           ホタルカズラ
    

|

« ときどき フォト俳句 | トップページ | 御牧ヶ原の春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ときどき フォト俳句 | トップページ | 御牧ヶ原の春 »