« ナズナの土手 (Draba nemorasa) | トップページ | 小諸懐古園 »

2007年4月14日 (土)

浅間山 (2568m)

07414img_0205

【浅間山 (2568m)】
 佐久平のどこからでも見える浅間山。 この土地の人々が この山を語るとき、
 一種、誇りといったようなものを感じます。

                      (平成19年4月14日 長野県 佐久市 臼田)

|

« ナズナの土手 (Draba nemorasa) | トップページ | 小諸懐古園 »

コメント

浅間の山懐に抱かれ暮らす人々ののどかな生活が、
この写真から感じられます。
偉大な浅間山、いつも穏やかであって欲しいですね。

次の小諸懐古園のカメラアングルは、切手シートとほぼ同じですね。
宝物箱(?)からシートを取り出して確認しました^^

投稿: ヨピ | 2007年4月16日 (月) 00:03

●ヨピ様
 小諸佐久地方の小中学校・高校の校歌や、県歌「信濃国」(長野オリンピックでも曲が流れました) に歌われる浅間山です。 人々のこの山への思いが伝わってきます ◆久し振りに懐古園と街中を歩きました。小諸懐古園の「三之門」と みごとな桜・・・ たくさんの観光客やカメラを持った人が訪れていました。

投稿: 蒼山庵 | 2007年4月16日 (月) 07:05

小海線も今年から新型ハイブリット車が走るとのこと、浅間をバックに新型車両に乗ってみたいです。

投稿: ヘンゼル | 2007年4月17日 (火) 09:10

●ヘンゼル様
 勤務先があった佐久へ始めて来た頃、信越線はまだ電化前で、D51蒸気機関車が走っていました。 小海線は、旅客は赤い気動車、貨物は「高原のポニー」と呼ばれたC56蒸気機関車でした・・・どこか、ほのぼのとした時代でした。

投稿: 蒼山庵 | 2007年4月17日 (火) 21:34

臼田の田圃、ワイフの実家の有るところ、今は両親ともいなく、年に一度103歳の婆ちゃんに会いに行く程度。佐久は共に青春を過ごした、あのころをいくつかの写真が思い出さしてくれる。

投稿: フォークダンス | 2007年4月29日 (日) 11:19

●フォークダンス様
良き友あり、良き会社、良き時代でした。 感謝といったところでしょうか。 HPで、FDのご活躍の様子見ています。 ◆おばあさんをどうぞだいじにしてください。奥さまへよろしくお伝えください ◆暇をみて蒼山庵へお出かけを!

投稿: 蒼山庵 | 2007年4月30日 (月) 01:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナズナの土手 (Draba nemorasa) | トップページ | 小諸懐古園 »