« 東山魁夷 「冬の旅」 展にて | トップページ | 冬のハリエンジュ (Robinia pseudo-akasia) »

2007年1月21日 (日)

大寒 ・ 東信州

Img_8905

【大寒】

 浅間山麓に帯状にひろがる霧氷。  東信州 二十四節気 大寒。

                          (January 2007 長野県 小諸市 塩野)

|

« 東山魁夷 「冬の旅」 展にて | トップページ | 冬のハリエンジュ (Robinia pseudo-akasia) »

コメント

ああ、
こんな縞模様の布を織って
身に纏ったならば・・・


もう、
春は来まい
雪女となり
冬の空をずっと彷徨うのみ・・・ 

投稿: ルカ  | 2007年1月21日 (日) 15:20

あ~冬の真っ只中。大寒のせいでしょうか?灰色なんですね。自然が創り出すものはすごいですね  春を待ちます。

投稿: パソコン慣れしてない母 | 2007年1月21日 (日) 18:37

ルカ様
ヒューラ  ヒュラ  ヒュラ  ヒューラ  吹雪く そんな夜でした。 本沢の山小屋で雪女に出遭ったのは・・・ (或る登山者の話から)

投稿: 蒼山庵 | 2007年1月21日 (日) 19:38

パソコン慣れしてない母様  半時間ほど前までは真っ白でした。 この写真の霧氷の色は、日差しによって融けはじめたときの色で、やや青みがかった灰色を示します。

投稿: 蒼山庵 | 2007年1月21日 (日) 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東山魁夷 「冬の旅」 展にて | トップページ | 冬のハリエンジュ (Robinia pseudo-akasia) »