« 元旦の朝 (モルゲンロート) | トップページ | 緑の階調 »

2007年1月 3日 (水)

こども獅子舞

070102img_8576jpg

【こども獅子舞】
 正月二日、村の辻々に響く元気なこども達の声、平胴太鼓の音。
 「 ~ そろそろ きめなよ♪  ここらで きめなよ♪ ~ 」 こども達の唄うような
 囃子に大見得をきる小さな獅子。   この一年、皆元気に暮らせますように ・・・
 人々の幸せを願う、村のこども獅子舞いです。

                          (平成19年1月2日 長野県 小諸市)

|

« 元旦の朝 (モルゲンロート) | トップページ | 緑の階調 »

コメント

おはようございます。古くからの伝統が残っているっていいですね。なくならないでほしいです。次の世代に受け継いでいくということは大変なことです。

投稿: パソコン慣れしてない母 | 2007年1月 4日 (木) 08:49

パソコン慣れしてない母様  おはようございます。 こども獅子・・・息子たちが舞ったのは、もう随分と昔のことです。 四百戸あまりの集落の、子供達、保存会、そしてお母さんたちのパワーによって受け継がれています。

投稿: 蒼山庵 | 2007年1月 4日 (木) 09:17

パソ母様(ごめんなさい。省略して・・・)の、ご意見に全く同感です。 ”こども獅子”なくならないで欲しいです。 大切なものを守り、受け継いでゆくという村の皆様の、心ばえのうつくしさが・・・ステキです。^O^  

投稿: なずな | 2007年1月 5日 (金) 10:53

なずな様  こんばんは。 こども達は獅子舞を通して "人の祈り" といったものを感じとっているようです ・・・ 大切なことですね。  

投稿: 蒼山庵 | 2007年1月 5日 (金) 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元旦の朝 (モルゲンロート) | トップページ | 緑の階調 »