« 新東京レビュー・ROUGE Vol.2 | トップページ | クヌギ (Quercus acutissima) »

2006年12月10日 (日)

アーベンロート

061210img_8074

【アーベンロート】
 夕刻、浅間山がアーベンロートに染まった。
 冷え込む大気 ―― 本格的な冬の訪れである。

              (平成18年12月10日 長野県 小諸市 自宅居間より)

|

« 新東京レビュー・ROUGE Vol.2 | トップページ | クヌギ (Quercus acutissima) »

コメント

自宅居間からからこんな風景が見えるなんてうらやましいです。先週末は雪なったら行こうかと思いましたが雨のようなので自宅で年賀状作りに励んでました。
御牧ヶ原の畑が真っ白になるのは1月に入ってからでしょうか

投稿: ヘンゼル | 2006年12月11日 (月) 09:05

おはようございます。
美しいですね~☆
この窓のある暮らしが、とても贅沢だと実感出来ます。 <アーベンロート>は、ドイツ語の山の夕焼けとか、・・・勉強になりました。 響きのいい、素敵な言葉ですね。 願わくば、いつか浅間山の<モルゲンロート>も、見せて頂ければ嬉しいです。(図々しくて、すみません~♪)

投稿: なずな | 2006年12月11日 (月) 09:10

ヘンゼル様 おはようございます。今日は在宅勤務にしました(パソコンさまサマです) ◆改めて窓の外を見ますと、水ノ塔から高峰山、車坂峠、黒斑、浅間山、追分、軽井沢の離山辺りまで見えます。家は、旧い村の一角ですが、この方角だけが林と畑になっています・・・随分、ラッキーなことと云えそうです ◆御牧ヶ原の雪ですが、この二、三年は、年末になると絵のような雪が降っています。

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月11日 (月) 10:07

なずな様  おはようございます。 図々しいなんてとんでもない。 アーベンロート、モルゲンロートは、山やの間でよく使われる言葉です。 今度、浅間山の、モルゲンロートに燃える ”とっておきのフォト” を心がけておきますね。

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月11日 (月) 10:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新東京レビュー・ROUGE Vol.2 | トップページ | クヌギ (Quercus acutissima) »