« 師走のススキ (Miscanthus sinensis) | トップページ | 新東京レビュー・ROUGE Vol.2 »

2006年12月 8日 (金)

霧の朝

061130img_7918

【霧の朝】

                    丘の上の一本の木が 霧の中に溶けていった

                (30 November 2006  長野県 東御市 御牧ヶ原にて)

|

« 師走のススキ (Miscanthus sinensis) | トップページ | 新東京レビュー・ROUGE Vol.2 »

コメント

いつにまにか見ていない写真がたまってしまいました。すごい霧ですね。木が溶け込んでいるようです。いつもながら、どうして こんなにステキなシャッターチャンスなのでしょう!!

投稿: パソコン慣れしてない母 | 2006年12月 9日 (土) 15:17

パソコン慣れしてない母様  こんばんは。 ロケーションは、車で10分くらいの
ところですから、その朝の天気の状態で、どのような写真が撮れるかは、だいた
い察しがつきます。 仕事を少しもっていますから、ままならないこともあります。

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月 9日 (土) 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 師走のススキ (Miscanthus sinensis) | トップページ | 新東京レビュー・ROUGE Vol.2 »