« 霜の南谷で | トップページ | 薪 »

2006年12月 3日 (日)

大法寺・初冬

061203img_8003jpg_a

【大法寺・初冬】

 塔のある山あいは冬日あかるく、 頬白の声がしていた。

             (平成18年12月3日 長野県 小県郡 青木村・大法寺にて)

|

« 霜の南谷で | トップページ | 薪 »

コメント

冬日が枯芒に透けて・・・
こんなやさしい冬日は、見たことがありません。
ありがとうございます 

投稿: なずな | 2006年12月 4日 (月) 16:19

今日はこちらもこの冬一番の冷え込みとか。昼間も10度しかありませんでした。そちらもきっと寒いのでしょうね。そんななかの柔らかな冬日 良くとらえますね。さすがの感性 毎日楽しませていただいています。 

投稿: パソコン慣れしてない母 | 2006年12月 4日 (月) 19:50

なずな様  こんばんは。 雪の便りが届くころになりました。 野沢温泉や白馬方面など、北信濃は雪とのことです ◆冬日の暖かさがうれしい大法寺の里でした。

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月 4日 (月) 20:41

パソコン慣れしてない母様  こんばんは。 明朝の東信濃は氷点下5度以下になると、TVが伝えていました ◆日々寒さがつのりますが、冬空の下もなかなか良いものであります。

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月 4日 (月) 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 霜の南谷で | トップページ | 薪 »