« 霧と雲 | トップページ | カラマツの林で »

2006年12月19日 (火)

マサキ (Euonymus japonicus)

061213img_8087

【マサキ (Euonymus japonicus)】

 通りすぎていく子供達の声 生垣のマサキがひと際あざやかな 霜の朝

                          (December 2006  長野県 小諸市  自宅にて)

|

« 霧と雲 | トップページ | カラマツの林で »

コメント

こんにちは。  そちらは毎日寒そうですね。でも、霜がこんなに綺麗だなんて!!
こんなに真近にみたことなんてありません。
もっと身近な自然に目を向けなくてはと 反省させられます。 いつもありがとうございます。

投稿: パソコン慣れしてない母 | 2006年12月20日 (水) 12:36

こんにちは。
気温や湿度がいったい何度くらいになれば、
こんな風になるのでしょうか。
九州では、久住あたりで見たことがありますが、普段の生活の中で見られるものではありません。マサキがこんな実を成らせるのだとは知りませんでした。美しいですね。

投稿: kobottomo | 2006年12月20日 (水) 13:23

さいたまは暖かいです。霜も滅多におりません。今日もコートなしで東京まで仕事で出かけました。
畑が雪で覆われるのは大分先になりそうですね。

投稿: ヘンゼル | 2006年12月20日 (水) 18:21

パソコン慣れしてない母様  こんばんは。 寒い、霜の朝が続いています。 毎朝、裏の小道を、小学生たちが ” ほっぺた ”を赤くして元気に登校していきます。

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月20日 (水) 19:02

実が裂けて、のぞいたのは種子?・・・赤がいいなぁ~元気貰っちゃおう~!

投稿: なずな | 2006年12月20日 (水) 19:11

kobottomo様  こんばんは。概ねマイナス3℃位からと思われます。今朝も真っ白な霜・・・気温はマイナス6℃でした。 さらに下がると霧氷が、マイナス10℃を超えるようにになると、大気の水分が氷結し、煌めきながら浮遊するダイヤモンドダストがみられます。 このブログで、また、ご紹介できるかも知れません。

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月20日 (水) 20:03

ヘンゼル様  こんばんは。 月曜日、浅間山麓に初雪が降りました。遅い初雪です。 昨冬にくらべると、随分温かいような気もします。

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月20日 (水) 20:18

なずな様  こんばんは。 そうです・・・赤いきれいな種子ですが、この後、いったいどうなるのでしょう ・・・ まだ見たことがありません。

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月20日 (水) 20:25

おはようございます。
赤い種子のその後ですが・・・見ることは難しいようです。・・・千曲川の川縁で「孤独学」を、お勉強中のアオサギ様にお尋ねしたら、いかがでしょうか。博識と評判の方ですから。 私はああいう近寄り難い方には、声がかけられませんので・・・

投稿: なずな | 2006年12月21日 (木) 08:58

なずな様  こんばんは、 アオサギさんは、余りの寒さに、二,三日前に関東平野へ移動したようです。 そちらで見かけましたら聞いてみてください。 

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月21日 (木) 21:44

そうですね。機会があったら、聞いてみたいですね。 もし、私が種子だったら、土にかえって、マサキらしいマサキなって、そのままの姿を見てもらえたら嬉しいですね。

投稿: なずな | 2006年12月21日 (木) 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 霧と雲 | トップページ | カラマツの林で »