« 秋のなごり | トップページ | 丸ポストのある風景 (上田市柳町) »

2006年11月30日 (木)

緑と青と

061124img_7833

【緑と青と】

                   と青のComposition  御牧ヶ原台地 初冬のうた

               (平成18年11月24日 長野県 小諸市 御牧ヶ原にて)

|

« 秋のなごり | トップページ | 丸ポストのある風景 (上田市柳町) »

コメント

初冬の中の緑は、心を愉しませてくれますね。 春の青麦とは、また違う印象を受けました。 ★そういえば、百舌の高啼き・・・過去記事を辿ると、<どこか人恋しい、郷愁を誘うような声>と記されていました。性質の荒い、猛禽の百舌のイメージが、変わりました。 見えていないこと、聞こえていないこと多いのでしょうか・・・

投稿: なずな | 2006年12月 1日 (金) 12:17

なずな様  こんばんは。 冬の野に、麦の緑がひと際あざやかなこの頃です ◆過去記事までご覧いただきありがとうございます◆百舌の高啼き <どこか人恋しい、郷愁を誘うような声> と感じるのは、秋から初冬という季節のせいかも知れませんね。

投稿: 蒼山庵 | 2006年12月 1日 (金) 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋のなごり | トップページ | 丸ポストのある風景 (上田市柳町) »