« 銀色の穂 Miscanthus sinensis | トップページ | 大橋の架かる谷 »

2006年10月25日 (水)

銀杏 (Ginkgo biloba L.)

001029

【銀杏 (Ginkgo biloba L.)】
 夏休みが終わって登校した朝、 大きな切株に樹液が滲んで、周りに、乾いた大鋸屑が白く拡がっていた。
 ぽっかりあいた空 ・・・。 始業式で校長先生が話しをされたであろうが、あの大きな銀杏の木はどうして切られてしまったのか、もう誰も覚えていない。

                (Photo.: 29 October  2000  長野県 松本市文化会館)

|

« 銀色の穂 Miscanthus sinensis | トップページ | 大橋の架かる谷 »

コメント

一面の黄金色、圧倒されます。太陽を浴びてキラキラ輝いていそうです。
昨日の写真の綺麗な稜線と濃緑の山々、その前に浮き立つススキの穂も素敵!
どちらもウットリです。

投稿: ヨピ | 2006年10月25日 (水) 23:31

ヨピ様
通勤途中の、小海線無人駅の”銀杏”が綺麗に色づいていました。
そちら、埼玉の街々の紅葉や黄葉はどんなでしょうか。

安曇野には、もう冬鳥(白鳥)が渡って来たと、ニュースになっておりました。

投稿: 蒼山庵 | 2006年10月25日 (水) 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀色の穂 Miscanthus sinensis | トップページ | 大橋の架かる谷 »