« ワレモコウ (Sanguisorba officinalis) | トップページ | 前穂高北尾根 »

2006年8月27日 (日)

面格子

0494_1

【面格子】

 通り雨に飛び込んだ店内。 やがて小路に人声がして、明るい日ざしが戻ってきた。

                          (4 September 2004  岐阜県高山市)

|

« ワレモコウ (Sanguisorba officinalis) | トップページ | 前穂高北尾根 »

コメント

涼しげな窓ですね。
くつろいで長い時間をすごせそうです。

女郎花もアマガエルも、
良いアングルで撮れていて素敵ですね。

投稿: ユっぴー・コスモス | 2006年8月29日 (火) 11:52

ユっぴーさん、こんばんは
辺りは初秋の佇まい。旅に良い季節になりました。
近まに行くのも旅。内山峡のコスモスが楽しみです。

投稿: 蒼山庵 | 2006年8月29日 (火) 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワレモコウ (Sanguisorba officinalis) | トップページ | 前穂高北尾根 »