« カラマツ並木 | トップページ | マリンブルー »

2006年6月18日 (日)

御牧ヶ原台地 (麦秋)

06618img_5157

【御牧ヶ原台地 (麦秋)】
 6月18日 日曜日、雨一時晴れ
 馬鈴薯の白い花が咲いています。 小麦畑は実りの季節をむかえています。

                 (平成18年6月18日 長野県 東御市 御牧原南部)

|

« カラマツ並木 | トップページ | マリンブルー »

コメント

あ、今って麦秋なんですね。
昔は内山でも、稲ではなくてコムギを作り、うどんを毎日打って食べさせるのがお嫁さんの日課だったそう。
作物の変化とともに風景も変わっているのですね。

投稿: ユっぴー・コスモス | 2006年6月20日 (火) 15:48

ユっぴー様
・昔は、田んぼで麦をつくる二毛作で、麦入り御飯や、ぶち入れ(ほうとう)は常食でした。 今は健康食や名物として人気ですが、当時はどちらかと言えば下位の食事だったような気がします。

・麦秋の頃は、ホタルの季節でもあります。 最近は方々で見られるようになりましたが、内山界隈はどうですか?

投稿: 蒼山庵 | 2006年6月20日 (火) 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラマツ並木 | トップページ | マリンブルー »