« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

ミモザ (Acacia decurrens)

P2264449

【ミモザ (Acacia decurrens)】
 日本シャンソン館から、シャンソンライブの案内メールがとどきました。
――  桜の便りも聞かれる頃となりました。 皆さまいかがお過ごしでしょうか。 シャンソン館の庭では " ミモザ " が黄色いつぼみを膨らませています。 4月にはイースター(復活祭)にちなんだイベントも用意しております。 春のシャンソン館へ是非お越しください ――

        (写真 : 群馬県渋川市 日本シャンソン館で撮影   26 February 2005)

| | コメント (0)

2006年3月30日 (木)

霜 (三月)

05314 八十八夜の別れ霜という言葉がありますが、標高の高い信州では、八十八夜(五月二日または三日)を過ぎてもなお、晩霜があり、農作物に大きな被害がでることがあります。
 晩霜は、移動性高気圧におおわれた快晴で無風の、静かな夜明けに、放射冷却によって地上付近の温度が急激にさがることによっておこると云います。

 三月末、近くの果樹園や南谷では春の農作業がはじまりました。
 今朝もまた、うす霜がおりました。

      (平成18年3月 蒼山庵)

| | コメント (1)

2006年3月29日 (水)

ウォーキング風景より (滑津川)

0633img_2882

【ウオーキング風景より】

 一言交わして、いつもの ”一人と一匹” とすれちがった、春浅い日の滑津川堤防。

                     (平成18年3月 佐久市 杉ノ木 滑津川堤防で)

| | コメント (0)

2006年3月28日 (火)

美ら海水族館

Pb040156

【美ら海水族館】
 山国育ちのせいでしょうか、海が見えるとそれだけでワクワクします。 思わず 「海だ!」などと叫んだりします。
 2002年11月、沖縄の旅。 幸運なことに沖縄・美ら海(ちゅらうみ)水族館のオープンの日でした。 たくさんの観光客、 歓声、海底にいるような神秘の輝き ・・・ 案内のTAXIの運転手さんが誇らしげに説明してくれた世界一という大水槽です。 水族館の先には大海原が拡がっていました。
 オーシャンブルーと、泡盛と ・・・ 印象深い旅でした。

              (November 2002  沖縄県本部町 沖縄美ら海水族館)

| | コメント (0)

2006年3月27日 (月)

福寿草(Adonis amurensis) の森

06327img_3358

【福寿草(Adonis amurensis) の森】

    「 ゆっくり みてって おくれ~ 」 ・・・  と、にこやかに、お年寄り。
    早春の信州・武石村。  森は一面、しあわせ色。

                     (平成18年3月 長野県上田市 旧武石村)

| | コメント (1)

2006年3月26日 (日)

06326img_3333

【鐘】
      風にのって、鐘の音が聞こえてくることがあります。
          長野県小諸養護学校の鐘の音です。
      あかるく、すなおに、たくましく ・・・  高原にやさしく響く鐘の音です。

                     (平成18年3月26日 長野県小諸市 美里)

| | コメント (0)

2006年3月25日 (土)

節分草 (Eranthis pinnatifida)

06325img_3311

【節分草 (Eranthis pinnatifida)】
    花好きの桜井夫妻から誘いがあって、戸倉に節分草を訪ねた。
       雪融けの山斜面に咲く、白き花群れ。 春待つ心 満つ。

                   (平成18年3月25日 長野県千曲市 戸倉)

| | コメント (1)

2006年3月24日 (金)

旧西塩田小学校

06320img_3169

 何年かぶりに訪れた母校の旧西塩田小学校。 懐かしい木造校舎は春のあたたかな日差しのなかにありました。 学校統合で廃校となり、子供たちの声が消えてから随分時がながれましたが、昨年、通信制を持つ高等学校(さくら国際高等学校)に引継がれ、本格開校の準備が進んでいます。 木造校舎の温もり、そして東信州の豊かな自然と人情が若者たちの心を育んでくれることでしょう。

06324img_3261    06324img_3260

 学校の周囲は小麦の田圃が広がっています。 野道を、野外保育を終えた西塩田保育園の園児たちが帰って行きました。
 ●写真をクリックしますと拡大写真になります。

          (平成18年3月24日 長野県上田市 手塚 旧西塩田小中学校)

| | コメント (0)

2006年3月23日 (木)

カラマツ (Larix kaempferi)

0332

【カラマツ (Larix kaempferi)】

                  黒い垂直の旋律

                      (2 March  2003 長野県佐久市 長野牧場)

| | コメント (0)

2006年3月22日 (水)

フォルム

06311img_2940

【フォルム】

  ドイツデザインは機能美にあると云われていますが、それにしても、この流れるようなフォルムは、何とも個性的です。 
 50年前、S少年を魅了した 「 フォルクスワーゲン ビートル 」 。 訪ねたS宅の庭に白いワーゲンがとめてありました。

 (平成18年3月11日 長野県上田市 塩田平)

| | コメント (1)

2006年3月21日 (火)

高原

0436

【高原】

 海だべがど おら おもたれば やっぱり光る山だたぢゃい
 ホウ  髪毛 風吹けば  鹿踊りだぢゃい

             (宮沢賢治  春と修羅 第一集より)

( 写真 : 6 March 2004  長野県小諸市 御牧ヶ原・狼森 エッジング処理

●こちらの記事もご覧ください狼森 (宮沢賢治著 『どんぐりと山猫』 より)

| | コメント (0)

2006年3月20日 (月)

ナズナ (Capsella bursa-pastoris)

05326

【ナズナ (Capsella bursa-pastoris)】

          昼下り、大杭のつり橋への道を下りていくと
          土手一面に、ナズナが白い花を拡げていた。

                         (平成18年3月 長野県小諸市 大杭)

| | コメント (0)

2006年3月19日 (日)

彼岸

05319p3194614

【彼岸】

       彼岸中日  太陽は真東から昇り  真西に没するという
            東方は浄瑠璃浄土、西方は極楽浄土
              日輪が一本の樹を照らしていた

                                      (19 March 2005 長野県小諸市 御牧ヶ原・狼森)

| | コメント (0)

2006年3月18日 (土)

セリ (Oenanthe javanica)

0638img_2967

【セリ (Oenanthe javanica)】

       陽光ゆらめく浅間山麓湧水。 温かな湧水に摘むセリ。
              春の香味で、水割りを ・・・
                  いなか暮らしならではの贅沢です。

                           (平成18年3月 長野県御代田町)

| | コメント (1)

2006年3月17日 (金)

Photograph 1926

PA040461

【Photograph 1926】
 1926年9月、アメリカ合衆国ユタ州ガーランド。 先生と23人のこどもたち、その
中にオカッパ頭の日本人の少女(中列・右から2人目)がいる。
 少女の名は Kiyoko Akagi  6歳、小学校入学時の写真である。

 時代は、第一次大戦から8年、主戦国の一つであったアメリカや、戦場となった
欧州にようやく平和と落ち着きがもどり、日本は大正ロマンチシズムのなかにあっ
た。 だが、やがて起こる経済恐慌、列強の対外政策をめぐる確執、ナチスドイツ
の台頭 ――  戦争の影は静かに再びしのび寄ろうとしていた。
 帰国後、莉発で美しく成長した彼女は、師範学校をでると、単身、満州国の首都・
新京に赴任する。当時の国情と外国育ちの彼女にしてみれば、それはごく普通の
選択であったに違いない。同じこの地で教師をしていた私の叔父と出会い結婚する
が、平穏な日々は長くはなく、やがて二人は大戦争の渦の中に呑み込まれていく。

  2003年秋、叔母の一年忌法要でこの写真を見たとき、この小さなこどもたちに
限りない “ いとおしさ ”を覚えた。 こどもたちの進んだ先にあったのは、あの戦争
という不幸以外、考えられなかったからだ。

                                                              (4  October  2003   東京都港区)

| | コメント (0)

2006年3月16日 (木)

礼服

06223img_2788 小諸の住宅街の通りで、テーラーの看板を目にした。 懐かしい思いとともに、ずうっと昔、独身の頃に、東京の叔父が誂えてくれた礼服のことを思い出した。
 当時は、スーツや礼服はテーラーに注文するのが一般的であったが、安サラリーではなかなかたいへんであった。
仕立代が月給の二、三倍はしたのである。
 叔父に連れられて行ったのは、荒川の堤に近い通りで、丁寧な仕事をするという、職人さんが開いているテーラーであった。 知己の間柄であったようである。

 あれから三十五年、叔父も、職人さんも、既にいないが、その礼服は今も手元にある。 シャープな感じと黒生地のつややかさはそのままであるし、内側には私の名前とともに、仕立職人の誇りのように 「 TAILOR  KUDO 」 の名が印されている。
 彼岸に、叔父の法要を営むとの連絡があった。 叔父が甥のためにと誂えてくれた、この礼服を着て出席しようと思っている。 身体を包みこむように、しっくりなじむ着心地は昔のままである。 私の体形も三十五年間変わっていないのである。

                             (平成18年3月16日 蒼山庵)

| | コメント (0)

2006年3月15日 (水)

旧信越本線・碓氷峠

06315img_3128

【旧信越本線・碓氷峠】
 旧信越本線・碓氷峠 ――   長野新幹線の開通によって、1997年(平成9)9月
30日廃線、1893年(明治26)以来、一世紀を超える歴史に幕を閉じました。

        (平成18年3月 群馬県松井田町 旧信越本線・熊ノ平信号所跡にて)

| | コメント (8)

2006年3月14日 (火)

御牧ヶ原台地 (野道)

05319

【御牧ヶ原台地 (野道)】

 この台地を歩くと、空に至る…… と 云った風の道によくであう。

 (19 March 2005  長野県小諸市 御牧ヶ原)

| | コメント (5)

2006年3月13日 (月)

障子あかり

06311aimg_3084

【障子あかり】

           旧い家の 夜の庭にみる障子のあかり
           近頃 うつくしいと感じたものの一つです

                                           (平成18年3月11日)

| | コメント (0)

2006年3月12日 (日)

海抜1400m

72319cimg_3090 

【 海抜1400m 】   ―― 南アルプス見ゆ

 海抜1400m  山の牧場は 残雪が豊富で
 時折  白い風が 天に向かって吹き上げたりするが
 辺り一面  きらきら こぼれるような光は 実に春だ

 (19 March 1972  長野県南牧村 平沢牧場にて)

| | コメント (0)

2006年3月11日 (土)

続々・清泉寮

06125img_2263

                    “ I lift up my eyes to the hills;
                     From whence does my help come?
                                   My help comes from the Lord
                                  Who made heaven and earth …” 

                                                                        (Jan. '06  山梨県 清泉寮)

| | コメント (0)

2006年3月10日 (金)

続・ネコヤナギ (Salix gracilistyla)

0639img_2984

【続・ネコヤナギ (Salix gracilistyla)】

  チンコロ、イヌコロ、メンメロ、チンコロタンコロ、チンコヤナギ、チンコヨ
  イヌコヤナギ、べコヤナギ、エンマル、コチコチヤナギ

                     ・・・ どれも、ネコヤナギの方言です。

                 (写真 : 平成18年3月 長野県小諸市 千曲川で)

| | コメント (0)

2006年3月 9日 (木)

ネコヤナギ (Salix gracilistyla)

0639img_3010

【ネコヤナギ (Salix gracilistyla)】

   毎年、何度も濁流に呑まれる、大杭のネコヤナギですが
   この春もまた、 しなやかに枝を伸ばしています。

                       (平成18年3月 長野県小諸市 千曲川)

| | コメント (0)

2006年3月 8日 (水)

雛人形

0637img_2946

【雛人形】

 随分、品のよい、うつくしい雛人形だと思った。

 「この頃は、何かこのまま飾っておきたい気持ちになります……」  嫁いでいった
  娘さんの雛人形だという。

 ―― この家に流れた歳月を思った。
                              (平成18年3月 長野県上田市)

| | コメント (0)

2006年3月 7日 (火)

水温む

060305__020  ネコヤナギ (Salix gracilistyla)
  写真提供 : 桜井夫妻

 桜井夫妻からネコヤナギの写真が届いた。 千曲川に架かるつり橋 「大杭橋」 で撮影したという。

 やわらかな陽射し、水面に踊る光
・・・ 早春の風物詩である。

 (平成18年3月5日 長野県小諸市)

| | コメント (0)

2006年3月 6日 (月)

サウンドシステム

06220img_2686

【サウンドシステム】
 音楽をかけながら、書類のまとめもするといった、ナガラ族の傾向は昔からあったが、先日、PCで資料を作成をしていて、ふと気がつくと、サウンドシステムからはオスカー・ピーターソンが、TVは荒川静香のクールビューティー & トゥーランドット、書類を見ながらキーをたたいている、そのPCからはクレーダーマンのピアノ曲が流れていた ・・・ まさに “ ナガラ族、ここに極まる ” である。  外出から帰った家内に見つかっておこられた。
 ナガラ族といっても、”音へのこだわりはある” わけで、4CHのサウンドシステムを構成したら、重量がなんと100Kgに近い代物となった。 重さと音の良さが比例するわけでもないが、時代逆行の ”重厚長大” また良し である。

                             (平成18年3月6日 蒼山庵で)

| | コメント (2)

2006年3月 5日 (日)

御牧ヶ原台地 (早春)

0634img_2887

                早春  御牧ヶ原  光り満つ大地

                      (平成18年3月5日 長野県小諸市 御牧原)

| | コメント (0)

2006年3月 4日 (土)

フキノトウ (Petasites japonicus)

0634img_2900

【フキノトウ (Petasites japonicus)】
 まな板にフキノトウがのっている。 隣組のM奥さんが持ってきてくれたという。
 霜の朝が続いているが、山の畑の一番温かい場所に出ていたらしい。
 あざやかな若緑、 春の香り ・・・。

 フキノトウのことを、家内は「フキントウ」、私は「フキッタマ」 と呼んでいる。
 生れた場所の違いである。

                             (平成18年3月4日 蒼山庵で)

| | コメント (1)

2006年3月 3日 (金)

モズ (Lanius bucephalus)

0632img_2876

【モズ (Lanius bucephalus)】

 もずが枯れ木で    作詞 サトウ ハチロー  作曲 徳富 繁

   モズが枯れ木で鳴いている おいらは藁をたたいてる
   綿びき車はおばあさん コットン水車も回ってる

   みんな去年と同じだよ けれども足んねえものがある
   兄さの薪割る音がねえ バッサリ薪割る音がねえ

   兄さは満州へ行っただよ 鉄砲が涙で光っただ
   モズよ寒いと鳴くがいい  兄さはもっと寒いだろ

 私が小学生の頃、九歳上の姉がよく歌っていた曲です。 作られたのは昭和
10年代で、肉親を戦場に送りださなければならなかった家族の心情がそのま
まに歌われ、戦後、青年団活動などで全国に広まったと云われています。
 秋から冬へ、季節が移ろう頃に聞かれる、モズの甲高い鳴声は、肉食のモズ
が縄張りを主張する ”高鳴き” として知られています。 どこか人恋しい、郷愁を
誘うような声です。

  隣のリンゴ畑に、今日も、モズが来ています。 早春のモズは寡黙です。

                            (平成18年3月3日 蒼山庵で)

| | コメント (0)

2006年3月 2日 (木)

御牧ヶ原台地 (丘陵と森と)

031223

             御牧ヶ原は、丘陵と森の台地です。

                         (23 Dec. '03  長野県小諸市 御牧原)

| | コメント (0)

2006年3月 1日 (水)

冬越し

0512img_2847

【冬越し】
 「 コーヒー豆屋・やませみコーヒー 」 が、海抜900mの、別荘地のログ小舎に引越したのは、昨年12月のはじめであった。
 冬越しの準備が終わらないうちに、あの猛烈な寒波となったから、随分心細い思いをしたようである。 懸命に小舎を修復し、薪の準備を終えた頃、それを待っていたかのように雪になったという。  ・・・ 「 確かに厳しい冬でしたが、ここ内山では、すべてを忘れさせるような雪が降ります 」 と云って、一枚の写真(上)を見せてくれた。

 三月、雪は消え、ログ小舎のある山は雨にけむっていた。 新緑の美しさを
想った。
                     (平成18年3月1日 長野県佐久市 内山で)

| | コメント (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »