« 見返りの塔 | トップページ | 新春の町角で »

2006年1月 4日 (水)

続・見返りの塔

0613img_1886

雪の大法寺・国宝三重塔 (長野県青木村)

●写真をクリックしますと拡大写真になります。
0613img_1912 0613img_1905 0613img_1877 0613img_1902

 大法寺は、大宝元年(701年)創立(寺伝)と伝えられる古刹です。 雪降りしきる中を観音堂にお参りをする若者の姿がありました。 お堂には 「十一面観世音菩薩(重文・藤原時代)」 が秘められています。 観音堂の上方に立つ 「国宝・三重塔」 は正慶二年(1333年)の建立で、純和様の優美な姿は 「見返りの塔」 として参詣者に感動をあたえています。
 1333年といえば鎌倉幕府滅亡の年でもあります。 この地を治めていた幕府直系の塩田北条氏も鎌倉へ馳せ参じて一族とともに滅び去っています。
 ―― 諸行無常、昔語りをするかのように雪が降り続いておりました。

  (平成18年1月3日 長野県小県郡青木村当郷)

|

« 見返りの塔 | トップページ | 新春の町角で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見返りの塔 | トップページ | 新春の町角で »