« ツルウメモドキ (Celastrus orbiculatus) | トップページ | 安曇野の水鳥 »

2006年1月 7日 (土)

コスモス街道・内山峠

02916 上信国境の内山峠(1100m)は、古くは、佐久の米と酒、関東からはタバコ、茶、雑貨などが運ばれた交易の峠でありました。 江戸明治の中央の文化や情報もまた荷駄とともに峠を越えて佐久地方に伝えられました。
 明治中期に信越本線が開通すると、この峠は次第に時流から取り残されていきましたが、昭和50年代、車社会に呼応して開削されたトンネルと新道によって、主要道・国道254号線として蘇りました。 
 秋、佐久市街から峠への約8Kmの道筋は、地元の人々が丹精をこめたコスモスが、見事な花の道となって続き、 「コスモス街道」 の名で親しまれています。
 山里にゆれるコスモスの花 ――  コスモスはメキシコ原産で、文明開化の頃にヨーロッパから伝わったと云われています。 「信州へはこの峠を越えて伝わったのかも知れない」 そんなふうに思えてきます。

 (September 2002 長野県佐久市 内山)

|

« ツルウメモドキ (Celastrus orbiculatus) | トップページ | 安曇野の水鳥 »

コメント

内山・コスモス街道について記事にしてくださってうれしいです♪
ありがとうございます。
画像ごと、私のサイトで紹介させてくださいね*

投稿: ユっぴー・コスモス | 2006年1月13日 (金) 04:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツルウメモドキ (Celastrus orbiculatus) | トップページ | 安曇野の水鳥 »