« 小さな礼拝堂 | トップページ | 石畳の道 »

2005年11月26日 (土)

磊 落

04425

【磊 落】

 A氏の珈琲小屋 「山魚狗(やませみ)」。 北欧風の3坪ほどの小屋は薪ストーブが燃えていて、使い込まれた作業机と手廻しの焙煎器が置いてある。
  壁に、「やませみ」の写真―― 清流を鋭く飛翔する、この孤高の鳥影をひたすら信濃の山中に追い、終には浅間嶺が見えるこの地に移り住んだというA氏。 朴訥な、その語りの中の人生の、何という磊落。

 分け入っても 分け入っても 青い山    山頭火

 (平成16年3月 長野県小諸市)

|

« 小さな礼拝堂 | トップページ | 石畳の道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さな礼拝堂 | トップページ | 石畳の道 »