« 猫 | トップページ | 北国街道・小諸 »

2005年11月 6日 (日)

白馬山麓にて

03429b

【 白馬山麓にて 】

 昭和43年春、五竜岳への単独行を終えて遠見尾根を下りた日、鹿島槍北壁を雪崩れる音が遠雷のように響いていた。 北に端正な白馬三山 (鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳) が輝いていた。 
 深い残雪を踏んで下りた ―― 麓の村はコブシの花の盛りだった。

(Photo.:平成15年4月 長野県北安曇郡白馬村にて)

こちらのブログ記事もご覧くださいあの頃のあの山/アイゼン

|

« 猫 | トップページ | 北国街道・小諸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫 | トップページ | 北国街道・小諸 »