« 窓(Ⅱ) | トップページ | 猫 »

2005年11月 4日 (金)

時空の果て

02330

【 時空の果て 】

 八ヶ岳山麓の 「 国立天文台野辺山宇宙電波観測所 」 ――  大口径の電波望遠鏡がはるか宇宙をみつめている。
 人類が棲む太陽系、太陽系が属する「天の川銀河」、近くはアンドロメダ銀河、マゼラン銀河、 宇宙全体では1000億個以上の銀河があるという。  ハッブル宇宙論によると、宇宙は膨張を続けていて、その果てはほぼ150億光年という。
 では、その先はと考えるも、凡そ不可解。 有限と無限とが同義語と化し、色即是空  空即是色 というほかない。

 (平成13年3月30日 長野県南佐久郡 野辺山高原にて)

●こちらのブログ記事もご覧ください 蒼山庵ブログ展(作品集)

|

« 窓(Ⅱ) | トップページ | 猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 窓(Ⅱ) | トップページ | 猫 »