« カラマツ | トップページ | 牧草地 »

2005年11月20日 (日)

狼 森

041212pc123682

【狼 森】

 おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
    かねた一郎さま 九月十九日
    あなたは、ごきげんよろしいほで、けっこです。
    あした、めんどなさいばんしますから、おいでん
    なさい。 とびどぐもたないでくなさい。   山ねこ 拝
 こんなのです。字はまるでへたで、墨もがさがさして指につくくらいでした。 けれども一郎はうれしくてうれしくてたまりませんでした。
                                  (宮沢賢治著 『どんぐりと山猫』 より)

 小学生の頃、自分にもこんなはがきがこないかものかと思ったものでした。 御牧ヶ原・狼森…… 賢治の童話にでてきそうな秘密めいた草原がひろがっています。

  (12 December 2004 長野県小諸市 御牧ヶ原・狼森)

●こちらの記事もご覧ください宮沢賢治著 『銀河鉄道の夜』 より

|

« カラマツ | トップページ | 牧草地 »

コメント

素晴らしい光景で感動しました。御牧が原・狼森はどこでしょうか。1本の木と朝日、また雲が幻想の世界をかもし出している。いつも楽しみに拝見させて貰っています。

投稿: tokko | 2005年11月21日 (月) 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラマツ | トップページ | 牧草地 »